人生にゲームをプラスするメディア

北米のゲーム事情を統計調査、半数以上のアメリカ人がゲームプレイヤーという結果に

ゲームビジネス 市場

昨年はXbox OneやPS4が発売されたことで大いに賑わったゲーム市場。近年はスマートフォンのアプリなどの普及もあり、多くの人々がゲームに触れていますが、北米のコンピューターゲーム産業の業界団体「Entertainment Software Association」によると2013年、59%のアメリカ人がゲームをプレイしていたことが判明しました。

同団体はアメリカの2,200世帯以上を対象に、ゲームプレイについての調査を実施。前述のとおり半数以上がコンソール機/パソコン/スマートフォンなどでゲームをプレイしていることが判明しただけでなく、51%の世帯が2つ以上のゲームデバイスを持っていることもわかりました。これにより、普及しているスマートフォンとは別に、ゲーム機を所有している家庭が多いとも捉えられることになります。また、ゲームを実際にプレイする端末については、68%がコンソール機、53%がスマートフォン、41%が携帯ゲーム機などの無線デバイスであることも判明。2012年と比較し、スマートフォンは22%、携帯ゲーム機は37%増加したとも付け加えられています。

なお、ゲームをプレイする平均年齢31歳。男女比では男性52%女性48%とほぼ半分。更には18歳以上の女性(36%)のほうが、18歳以下の男の子(17%)よりもゲームに触れている、といった調査結果も出ています。

その他にも「大人のゲーム歴は平均16年」といった調査結果や「年間にプレイした平均ゲーム本数14」との報告もあり、アメリカのゲーム市場らしい活発な数字が目立つ調査結果となっています。
《半蔵》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

    横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  3. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  4. スクウェア・エニックス、来年の新卒採用は1割以上が外国籍に

  5. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  6. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  7. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  8. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  9. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

アクセスランキングをもっと見る