人生にゲームをプラスするメディア

『妖怪ウォッチ』のジバニャンとロボニャンがプラモデルに ─ キュートな完成度を動画でチェックしよう

ニンテンドー3DSソフトとしてデビューを果たした『妖怪ウォッチ』は、累計出荷数50万本を突破し、またTVアニメも大人気を獲得。期間限定のキャラクターイベントショップも入店制限を課すほどの賑わいを見せており、一大ブームを巻き起こしています。

その他 玩具
『妖怪ウォッチ』のジバニャンとロボニャンがプラモデルに ─ キュートな完成度を動画でチェックしよう
  • 『妖怪ウォッチ』のジバニャンとロボニャンがプラモデルに ─ キュートな完成度を動画でチェックしよう
  • 『妖怪ウォッチ』のジバニャンとロボニャンがプラモデルに ─ キュートな完成度を動画でチェックしよう
ニンテンドー3DSソフトとしてデビューを果たした『妖怪ウォッチ』は、累計出荷数50万本を突破し、またTVアニメも大きな人気を獲得。期間限定のキャラクターイベントショップも入店制限を課すほどの賑わいを見せており、一大ブームを巻き起こしています。

その『妖怪ウォッチ』の顔とも言えるキュートなキャラクター「ジバニャン」と、未来から来たロボット「ロボニャン」を、バンダイがプラモデル化。既に発売が開始されており、その完成度の高さは多くのファンも納得の出来映えとなっています。

腕や腰など多数の箇所が可動するこのプラモデルは、専用の台座もあるので、部屋を彩るアイテムとしても最適な一品。組み立てるのに特別な道具は必要なく、また塗装をせずに組み立てても素敵な仕上がりとなります。

ジバニャンには、ノーマルと怒った顔、ガーンとショックを受けている顔といった3種類の表情パーツや、ジバニャンが好きな「ニャーKB48」の本も付属するという徹底ぶり。またロボニャンには、ロケットパンチやチョコボーが付属する上に、口が開閉式となっており、そこにチョコボーを入れることも可能となっています。

こだわりを持って作られたこのプラモデルは現在好評発売中で、価格はどちらも864円(税抜)。手軽に求めやすいのも嬉しい点ですね。しかも、4種セットの「宝石ニャン」が抽選で「222(ニャンニャンニャン)名様」に当たるキャンペーンも開催中でして、組み立て説明書の応募券を切り取って送るだけで、この非売品アイテムが手に入るかもしれません。興味がある方は、特設サイトにて詳細をチェックしてみてください。(URL:http://bandai-hobby.net/site/youkai/index.html

この「ジバニャン」「ロボニャン」のプラモデルに惹かれている方は、公開されている数多くの動画で、その完成度を確認してみるのもお勧めです。パーツとアクションを組み合わせて多彩な魅力を映像で紹介しているので、よければご覧ください。


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=Ss0_LPYhp7I&feature=youtu.be


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=PTBTuqf4M6M&feature=youtu.be


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=kR0R6_M8Zo4&feature=youtu.be


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=069rDkNljwM&feature=youtu.be


YouTube 動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=CmNJ66BiqlE&feature=youtu.be

『妖怪ウォッチ』は、好評発売中。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに4,800円(税込)です。

(C)L5/YWP・TX
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 実写映画版『モンハン』遂にハンターの姿が公開!トニー・ジャーが見覚えある衣装に身を包む

    実写映画版『モンハン』遂にハンターの姿が公開!トニー・ジャーが見覚えある衣装に身を包む

  2. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  3. 『SAO アーケード ディープ・エクスプローラー』世界観やシステム等のゲーム詳細情報が公開―キリト達と共に果てなき冒険へ挑もう!

  4. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  5. 【特集】飽きたなんて言わせない!「ウエハース」を美味しく食べるアレンジレシピ

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

  9. 実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!

アクセスランキングをもっと見る