人生にゲームをプラスするメディア

【PS Vitaダウンロード販売ランキング】『第3次スパロボZ 時獄篇』がトップ、『魔都紅色幽撃隊』は3位ランクイン(4/18)

ソニー PSV

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
  • 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
  • 魔都紅色幽撃隊
4月18日版のSony Entertainment Network PS Vitaのダウンロードランキングをご紹介します(16時現在)。

今週首位を飾ったのは『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』。様々なロボット作品がクロスオーバーを繰り広げる『スパロボ』シリーズ最新作の本作は「Z」シリーズ最終章のうちの第1部。今なら期間限定特典としてスパロボシリーズ第1作目となる初代『スーパーロボット大戦』のHDリメイク版と、ボーナスシナリオ「スズネ出撃」も付属します。

3位に初登場した『魔都紅色幽撃隊』は今井秋芳監督の最新作となる學園ジュヴナイル伝奇アドベンチャーRPG。東京を舞台に超自然的な事件を巻き起こす《霊》と戦う出版社・夕隙社とそれに関わる少年少女たちの青春と友情、成長の物語を描きます。




タイトル発売元
1--第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 期間限定版バンダイナムコゲームス
21ダンガンロンパ1・2 Reloadスパイク・チュンソフト
3--魔都紅色幽撃隊アークシステムワークス
43『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックA+Bセット 全曲入り大盛りデジタルサウンドトラック付き (期間限定先行販売)マーベラスAQL
56テラリアスパイク・チュンソフト
69ファントムブレイカー:バトルグラウンドMAGES.(5pb.)
7--ペルソナ4 ザ・ゴールデンアトラス
82初音ミク -Project DIVA- F 2ndセガ
94俺に働けって言われても 乙 HDイースマイル
107戦国無双4コーエーテクモゲームス
1110ソウル・サクリファイス デルタソニー・コンピュータエンタテインメント
1211アーシャのアトリエPLUS ~黄昏の大地の錬金術士~ガスト
13--古色迷宮輪舞曲 La Roue de fortuneヴューズ
1417torne(トルネ)ソニー・コンピュータエンタテインメント
1512Winning Post 8コーエーテクモゲームス
1614朧村正 PlayStation Vita the BestマーベラスAQL
175NAtURAL DOCtRINE角川ゲームス
1813初音ミク -Project DIVA- f お買い得版セガ
1915閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- PlayStation Vita the Best 特典付マーベラスAQL
2016プロ野球スピリッツ2014コナミデジタルエンタテインメント


※データは16時現在のものです。
※ランキングデータは公式ランキングによります。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオ7』Gold Editionや無料エピソード「ノット ア ヒーロー」も間近! 後日譚「エンド オブ ゾイ」の最新映像を公開

    『バイオ7』Gold Editionや無料エピソード「ノット ア ヒーロー」も間近! 後日譚「エンド オブ ゾイ」の最新映像を公開

  2. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

    『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  3. 『FFXV』追加コンテンツ「エピソード イグニス」配信開始、本編&拡張パック:戦友の無料アップデートも実施

    『FFXV』追加コンテンツ「エピソード イグニス」配信開始、本編&拡張パック:戦友の無料アップデートも実施

  4. スパロボ最新作『スーパーロボット大戦X』がPS4/PS Vitaで2018年3月29日発売決定!初参戦に「ナディア」「ワタル」など

  5. アリカの新作格ゲー『FIGHTING EX LAYER』のベータ版が配信開始! 「スカロマニア」「ガルダ」などが使用可能

  6. ひと駆けいこうぜ!『モンスターハンター:アリマ』開催決定、中央競馬「有馬記念」コラボイベント

  7. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  8. PS4版『大神 絶景版』プレイレポート―スクショも捗る!HD化で鮮やかに蘇った「大神降ろし」を体験

  9. PS4『シャイニング・レゾナンス リフレイン』2018年3月29日発売決定、ifストーリー「リフレインモード」を新規収録

  10. 【インタビュー】『.hack//G.U.』発表10周年、CC2松山洋に“続編の可能性”を訊いた

アクセスランキングをもっと見る