人生にゲームをプラスするメディア

『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが

アトラスは、ニンテンドー3DSソフト『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』の小冊子の配布を開始しました。

任天堂 3DS
『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが
  • 『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが
  • 『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが
  • 『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが
  • 『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが
  • 『ペルソナQ』地図作成にオートマッピング、難易度変更など、『世界樹』ファンにお馴染みのシステムが
アトラスは、ニンテンドー3DSソフト『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』の小冊子の配布を開始しました。

『ペルソナ3』と『ペルソナ4』、それぞれで活躍したペルソナ使いたちが、場所だけでなく時間の壁すら越えて、本来あり得ない出会いを果たす『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』。パーティの組み合わせは自由度が高く、『P3』主人公と『P4』主人公の共闘も可能となっており、まさに夢の競演を果たす一本となります。

これまで、登場キャラクターにフォーカスした情報や、バトルやペルソナに関する紹介動画などが公開されてきましたが、このたび全8ページからなる本作の小冊子の配布が、各店舗にて始まりました。

『P3』および『P4』勢に加え、本作オリジナルキャラクターとなる、常に何かを食べている不思議少女「玲」や、玲を守ることを至上とする「善」などの、既にお馴染みながらも本作を紐解く上では外せないポイントや、キャラクターたちが文化祭を楽しんでいるアニメシーン、そして「流されるまま、合コンらしきものがとつぜん始まった…」といった驚きのシチュエーションまで、目の離せない場面が紹介されています。

またシステム面に関して、まだ明かされていなかった新情報も掲載。敵の弱点を突くことで仲間が追撃したり、みんなで総攻撃を仕掛けるなど、『ペルソナ4』を思わせる戦闘システムはこれまでも動画などで綴られていましたが、3DSの下画面をフル活用したマップの作成などが初公開となりました。

本作は、同社が展開している人気RPGシリーズのひとつ『世界樹の迷宮』の要素も取り入れていると以前から発表されており、この小冊子で明かされたマップ画面はまさしく『世界樹』を彷彿とさせる作りとなっています。タッチペンで配置すると思われるオブジェクト群も、『世界樹』ファンにはお馴染みのデザインのものばかり。

さらに本作には、自動で道が描かれるオートマッピングも搭載されており、自分で地図を描くのが面倒な方には嬉しいサポート機能も。こだわり派の人は自らの手で記し、テンポよく遊びたい方はオートマッピングを活用しましょう。加えて、迷宮の外ならばいつでも変更可能な難易度設定もあるので、ハードに楽しむもよし、カジュアルに遊ぶもよし、状況に合わせて切り替えるもよし。多彩なプレイに幅広く応じてくれそうです。

オートマッピング機能や難易度変更などのシステムは、『世界樹』シリーズの最新作となる『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』にも同様の機能が搭載されており、その経験や実績が活かされた形と言えるでしょう。

物語面では『P3』と『P4』が出会いを果たし、システム面では『ペルソナ』と『世界樹』が融合する『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』。2つの新たな出会いが、どのような化学反応を引き起こすのか。そこも、見逃せない本作の魅力となりそうですね。

『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』は、2014年6月5日発売予定。価格は、6,980円(税抜)です。

(C)Index Corporation 1996,2013 Produced by ATLUS
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スプラトゥーン2』「どっちを選ぶ? ヒーロー vs ヴィラン」フェスは“ヴィラン”が野望を果たす!

    『スプラトゥーン2』「どっちを選ぶ? ヒーロー vs ヴィラン」フェスは“ヴィラン”が野望を果たす!

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  8. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  9. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  10. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

アクセスランキングをもっと見る