人生にゲームをプラスするメディア

あの印象的なCM再び!発売日が7月に決定した『俺の屍を越えてゆけ2』お披露目の儀(後編)

ソニー PSV

『俺の屍を越えてゆけ2』お披露目の儀
  • 『俺の屍を越えてゆけ2』お披露目の儀
  • トークは『俺の屍を越えてゆけ2』へ
  • 左から福圓美里さん、生田美和氏、樹原孝之介さん
  • 4つの進化ポイント
  • 阿部晴明役・平川大輔さんのビデオレター
  • ネットワーク要素も盛りだくさん
  • SNSとの連携も可能だ
  • 初披露されたアニメーション
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアによるスペシャルイベント『俺の屍を越えてゆけ2』お披露目の儀。後編では、新作『俺の屍を越えてゆけ2』についてのさまざまな情報が飛び出しました。


■『俺の屍を越えてゆけ2』開発の経緯とは――パワーアップしたシナリオ&グラフィックも注目

『俺の屍を越えてゆけ2』でシナリオを担当した生田美和氏、音楽を手がけた樹原孝之介さん、コーちん役・福圓美里さんがキャラクターをイメージした耳を付けて登場します。まずは新作の発売を待ちわびているユーザーに対し、桝田省吾氏は「前作で遊べた部分はほぼそのまま楽しめますし、新作らしく全く違う遊び方もできますので、面白いです。大丈夫です」と自信をもっておすすめ。

佐々木哲哉氏は開発の経緯について、前作でやりそびれた部分もあるので「いつか作りたいね」と話していた時期があったといいます。しかし本格的にやろうという時、販売実績があったにも関わらずSCEJAからあまりいい顔をされなかったと本音もポロリ。しかし、桝田氏が東京ゲームショウで『俺の屍を越えてゆけ2』の制作を発表。そうなった経緯は、SCEJA内部にいる昔からの協力者が「言っちゃえ!」とアドバイスしたからだそう。

『サガ』シリーズ、『聖剣伝説』シリーズ、『FINAL FANTASY』シリーズなどに携わった生田氏の起用は、桝田氏がおこなったTwitter上での『俺の屍を越えてゆけ2』シナリオライター募集に応募したからという意外なものでした。「制作にあたり最初に言われたのが、桝田さんと同じことを言う人間はいらないということです。でも桝田さんとただ違うものを考えられるだけでなく、世界を作れるようになってから違う目線で切り出せるかという部分を試されました」と生田氏。苦労は多かったものの新しい作品が生み出される瞬間の感動もあったといい、なかでも神様達との出会いや彼らがどんな言葉を「言っているのか」「言わされているのか」「言わざるをえないのか」に注目のようです。

グラフィック面については、正直「あまり進化していない」という桝田氏。もちろん美しさは向上していますが、本質そのものは大きく変わっていません。とはいえ、浮世絵のような雰囲気を保った3Dモデリングは必見。また佐々木氏は、カメラを使って初代当主の顔を自分と同じようにすると感情移入の幅がより深まるといいます。

新職業となる「鬼頭」は指示を受け付けない分とても強力になりますが、名前や家系図から消滅するという悲しい運命を背負っています。登場の経緯について桝田氏は、8つの職業で完成していたので要素を削っていった結果だと回答。さらに神様の三分の一以上が敵に回るという驚きのコメントも。どうなるのかはプレイしてからのお楽しみですね。

Twitterでの質問から「鬼頭が男子限定なのか?その理由は?」では、女子の分のキャラクターを作らずに済むというざっくりした答えが。とはいえ、何らかの制約があったほうが盛り上がるのがゲームのシステム。そこで性別という分かりやすい要素が選ばれたそうです。次に「鬼神の中で攻撃が面白いものは?」に対し、モーションはとても凝っていると太鼓判。ボスキャラは1体1体ザコにない挙動を備えているようで、とにかく遊んでくださいとのことです。


■豪華キャスティングの裏に隠された秘話!音楽面ではリアルな「世代交代」




『俺の屍を越えてゆけ2』でも、豪華な声優陣が物語を彩ります。吉田さんはコーちんについて「イツ花ちゃんと同じように、変化する世界でもずっとプレイヤーに寄り添う存在です。明るく空気を読まず、時には空気を読む微妙な空気感をもってる中性的な子」と解説。キャスティングについては、作品が大好きだという声優事務所のマネージャー達がゲームをやり直し、事務所の枠に囚われず「人気ではなく、10年20年経っても業界で活躍しているだろうと自信をもって言える人」という条件で選んだそう。

また阿部晴明役・平川大輔さんが、ビデオレターで作品の魅力やキャラクターについて紹介。「晴明は宿敵という立ち位置のため腹立たしいところもあると思いますが、彼のもつ悲しさや切なさといった部分も一緒に表現できたらいいなとこだわりました。素晴らしい作品に仕上がっていると思いますのでご期待ください」とコメントを寄せます。

今回音楽を担当したのは、樹原涼子さんの息子である孝之介さん。もともと熱心な『俺の屍を越えてゆけ』ファンだったという孝之介さんは、すでにPSP版の編曲にも参加。孝之介さんが生まれたときから知っているという桝田氏は、当初こそ「ダメだったら涼子さんに責任を取らせよう」と思っていたといいます。しかし送られた曲が素晴らしかったので、音楽面でも「世代交代」が実現しました。

PS Vita向けになったことで搭載された、さまざまなネットワーク要素も『俺の屍を越えてゆけ2』のポイント。Twitter/Facebookとの連動をはじめ、キャラクターデータによる交神も。投稿されたキャラクターは蓄積され、投資による装備品の変化もバリエーション豊かに用意されています。

■発売日は7月17日!特典やバリエーション豊かな体験版も配信

初公開となるアニメーションに加え、発売日も7月17日に決定。さまざまな特典のついた初回限定版も発売となるほか、予約/早期購入特典も登場。発売日が待ちきれないファンのために4月24日からは期間限定でシステム編の体験版、5月8日からは期間限定でPSP版『俺の屍を越えてゆけ』のご新規体験版も配信となります。

さらに7月上旬には、製品版へのセーブを引き継げる冒頭編の体験版も。PSP版は「あっさりモード」しか選べずクリア後の要素はプレイできませんが、製品のようにクリアまで楽しめるという驚きの内容に。PSP版のデータがあると『俺の屍を越えてゆけ2』でささやかなオマケも手に入ります。なおシステム編はシナリオが全くないものの、約10時間は遊べるボリュームとなるようです。

発売日の決定にともない、新CMも公開。これまで同様にCMの1作目・2作目とリンクした3作目となっており、出演している岸辺一徳さんによるビデオレターも放映されました。新CMはメイキング映像と共に公式サイトで閲覧できます。

イベントの最後を締めくくるのは、前作のテーマ曲「花」と、新作のテーマ曲として初披露となった「WILL」の生演奏です。タイトルの「WILL」には未来だけでなく意志という意味も込められており、子どもに思いを託して進む一方、鬼頭のようなキャラクターは何を残していくのかも考えて歌詞を考えたと孝之介さん。ゲーム中ではフルオーケストラで聞けるとのことです。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『シャイニング・レゾナンス リフレイン』2018年3月29日発売決定、ifストーリー「リフレインモード」を新規収録

    PS4『シャイニング・レゾナンス リフレイン』2018年3月29日発売決定、ifストーリー「リフレインモード」を新規収録

  2. スパロボ最新作『スーパーロボット大戦X』がPS4/PS Vitaで2018年3月29日発売決定!初参戦に「ナディア」「ワタル」など

    スパロボ最新作『スーパーロボット大戦X』がPS4/PS Vitaで2018年3月29日発売決定!初参戦に「ナディア」「ワタル」など

  3. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

    『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  4. 『バイオ7』Gold Editionや無料エピソード「ノット ア ヒーロー」も間近! 後日譚「エンド オブ ゾイ」の最新映像を公開

  5. 『FFXV』追加コンテンツ「エピソード イグニス」配信開始、本編&拡張パック:戦友の無料アップデートも実施

  6. ひと駆けいこうぜ!『モンスターハンター:アリマ』開催決定、中央競馬「有馬記念」コラボイベント

  7. 『二ノ国II レヴァナントキングダム』発売日延期が国内向けに発表

  8. 『ストリートファイターV』シーズン3の新キャラ6人が発表!「さくら」「ブランカ」「サガット」など参戦【UPDATE】

  9. 『スーパーロボット大戦 X』予約受付が開始!―早期購入4大特典はスペシャルシナリオや「サイバスター」が序盤から使用可能!

  10. PS4版『モンハン:ワールド』の海外向け新デモを体験!ネルギガンテを狩猟せよ【PSX17】

アクセスランキングをもっと見る