人生にゲームをプラスするメディア

『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介

ソニー PS4

『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
  • 『ナチュラル ドクトリン』オンライン対戦・協力プレイの詳細を紹介
角川ゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)』のオンラインモードに関する詳細を公開しました。

円熟期を迎えたPS3、外出中でも楽しめるPS Vita、そして最新ハードであるPS4という3つのプラットフォームを制覇する『ナチュラル ドクトリン』は、骨太なシミュレーションRPGです。

ファンタジーな世界観をベースとしながらも、魔力の源泉であるプルトンを巡り、ゴブリンをはじめとする亜人種と人類の激しい軋轢なども描く本作は、重みのある物語が綴られ、この世界に生きる人々の生と死を目の当たりにすることになるでしょう。

また、限りなく増殖・進化し、無限とも思えるグリオンたちの浸食という脅威との対峙もあり、基本的にはパーティメンバーの誰が倒されてもGAME OVERとなりますが、人類の最後の砦「城塞都市フェステ」にて、侵食・占拠するグリオンと対決する際には、仲間が倒れてもそのまま戦闘が続行していきます。戦いのドクトリン(原則)すらも変化する過酷な戦況が、あなたを待ち受けているのです。

そんな本作の特徴は、物語や戦闘システムだけではなく、シミュレーションRPGとしては比較的珍しい「オンラインモード」を搭載しています。その詳細に関する情報が明らかとなったので、オリジナリティ溢れる本作独特の魅力を、こちらからチェックしてみてください。

◆オンラインモード


『ナチュラル ドクトリン』のオンラインモードでは、カード型のユニットを収集し、組み合わせることで自分だけのオリジナルデッキを組んで戦うことができます。カードは、シングルモード同様に独自のステータスや装備・スキルを備えているほか、デッキを編成するうえで大事なサイズやコスト、所持プルトン量、またカードの希少性によるレアリティーが設定されています。

■オンラインモードの流れ
1.所持カードでデッキを組む
2.対戦・協力ルームを探す or 自分で設定
3.ミッションのバトルに挑む
4.「カードポイント(CP)」を入手して新しいカードをゲット

■デッキ構成のポイント
・1デッキに編成できるカードのサイズは最大8
・カードのサイズには1.5など端数も存在する
・コストの合計に制限がある 
・協力プレイ時は片方のミニデッキだけを使用

■対戦および協力プレイが可能
対戦・協力は、オンラインモードにて他のプレイヤーが設定した対戦・協力ルームをさがして入室するか、自分で対戦・協力ルームを設定し参加プレイヤーを待つかで進めることができます。フレンド登録したプレイヤーを招待して対戦・協力プレイを楽しむことも可能です。対戦・協力プレイでは、勝敗のほか、ミッション報酬、リザルトボーナス、ランク差ボーナスを判定したCPを対戦終了後に入手することができます。

■カードの収集
カードの収集は、オンラインモードでの対戦・協力プレイで獲得できる通貨「カードポイント(CP)」を使って、カードパックを購入することで進めていきます。カードパックは全部で3種類。高額なものほど入手できるカードの性能やレアリティーが高いカードが封入されている可能性が高くなります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


対戦だけでなく、協力プレイまで楽しめる『ナチュラル ドクトリン』。カードを厳選して自分だけの構成を築き、またプレイで入手したカードで更なる編成を組み合わせることができるこの要素は、手応えと歯応えを同時に楽しませてくれることでしょう。目前に迫った発売日が待ち遠しいばかりですね。

『NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)』は、2014年4月3日発売予定。価格は、PS4版およびPS3版が7,329円(税込)、PS Vita版が6,279円(税込)、「おもちだしパック」が8,379円(税込)です。

(C)2013-2014 Kadokawa Games, Ltd.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

    『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  2. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  3. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  10. 『絶体絶命都市4Plus』体験版の配信日決定! 主人公が目の当たりにする“被災”を捉えた最新映像も公開

アクセスランキングをもっと見る