人生にゲームをプラスするメディア

応募総数1118通から選ばれた『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称が斜め上な結果に

日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称募集のキャンペーン結果を発表しました。

ソニー PS3
驚きの略称に決定
  • 驚きの略称に決定
  • 公式に認定されました、『はんもっく』
日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称募集のキャンペーン結果を発表しました。

本作の内容や切り口を簡潔に紹介しようとすれば、タイトルをそのまま口にするのが一番早いという『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、文字通りのハーレム的な展開が楽しめる前半と、とある事件をきっかけにして、フリなどではない本当のヤンデレ地獄が訪れる後半パートで構成される、刺激的なADVゲームです。

その落差の大きさや、可愛かったヒロインたちがなぜヤンデれてしまうのか、その理由の一端などがこれまで明かされてきました。また、ヒロインたちを担当した声優陣による動画ラジオなどでも、本作の魅力が語られており、このタイトルに興味を抱くユーザーの数は日に日に増えるばかりです。

加えて、本作の知名度を更に押し広げるべく、印象に残る略称を幅広く募集していましたが、このたびその結果が明かされ、公式に認められた略称が発表となりました。応募総数1,118通の頂点に輝いた略称は、『はんもっく』です。

ーれむてごくだとおもったらやんでれじごだった」というワードをチョイスして生まれたこの略称。多数の応募から選考するのは大変だったらしく、最終的には声優さん方が言いやすい略称になったのは「ナイショ」とのことなので、ここをご覧の方々も、引き続き内緒という線でよろしくお願いします。

なお、気になる賞品に関してですが、血みどろではない「○○○」が送られるとのことです。この略称を応募した方は、楽しみにお待ちください。「○○○」が気になる方は、動画ラジオ3回目をチェックしましょう。意外なゲストも登場(?)していますよ。(URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1395284178

ゲーム内容だけでなく、略称までユニークな『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』もとい『はんもっく』、その発売はいよいよ来月です。なお、店頭での予約などの際に『はんもっく』と店員さんに告げるのは、自己責任でお願いします。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が 6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『キングダム ハーツIII』発売まで秒読み!新要素をまとめておさらいしよう

    『キングダム ハーツIII』発売まで秒読み!新要素をまとめておさらいしよう

  2. 宇多田ヒカルをもっと好きになってほしい―PS VR『ー“光”&“誓い”ーVR』』はどう作られたのか

    宇多田ヒカルをもっと好きになってほしい―PS VR『ー“光”&“誓い”ーVR』』はどう作られたのか

  3. 『キングダム ハーツIII』120秒スペシャルバージョンCM公開!涙を流すソラがキーブレードを交える相手とは・・・

    『キングダム ハーツIII』120秒スペシャルバージョンCM公開!涙を流すソラがキーブレードを交える相手とは・・・

  4. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  5. 『JUMP FORCE』オープンβテストをプレイした感想は?【読者アンケート】

  6. 『キングダム ハーツIII』1度切りのスペシャルCMを1月17日に放映!「リク」メインのカウントダウン画像も公開

  7. 『バイオハザード RE:2』世界を覗く紹介動画第7弾が公開―気になる「豆腐の動く姿」も確認!

  8. SIE、子どもの創造力を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」本体と専用タイトルを3月20日発売!

  9. 『キングダム ハーツIII』海外での流出を受けディレクター野村氏がコメントを発表

  10. 【吉田輝和の絵日記】見下ろし型ARPG『シャドー:アウェイクニング』魂を吸収して仲間を増やせ!

アクセスランキングをもっと見る