人生にゲームをプラスするメディア

応募総数1118通から選ばれた『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称が斜め上な結果に

ソニー PS3

驚きの略称に決定
  • 驚きの略称に決定
  • 公式に認定されました、『はんもっく』
日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の略称募集のキャンペーン結果を発表しました。

本作の内容や切り口を簡潔に紹介しようとすれば、タイトルをそのまま口にするのが一番早いという『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、文字通りのハーレム的な展開が楽しめる前半と、とある事件をきっかけにして、フリなどではない本当のヤンデレ地獄が訪れる後半パートで構成される、刺激的なADVゲームです。

その落差の大きさや、可愛かったヒロインたちがなぜヤンデれてしまうのか、その理由の一端などがこれまで明かされてきました。また、ヒロインたちを担当した声優陣による動画ラジオなどでも、本作の魅力が語られており、このタイトルに興味を抱くユーザーの数は日に日に増えるばかりです。

加えて、本作の知名度を更に押し広げるべく、印象に残る略称を幅広く募集していましたが、このたびその結果が明かされ、公式に認められた略称が発表となりました。応募総数1,118通の頂点に輝いた略称は、『はんもっく』です。

ーれむてごくだとおもったらやんでれじごだった」というワードをチョイスして生まれたこの略称。多数の応募から選考するのは大変だったらしく、最終的には声優さん方が言いやすい略称になったのは「ナイショ」とのことなので、ここをご覧の方々も、引き続き内緒という線でよろしくお願いします。

なお、気になる賞品に関してですが、血みどろではない「○○○」が送られるとのことです。この略称を応募した方は、楽しみにお待ちください。「○○○」が気になる方は、動画ラジオ3回目をチェックしましょう。意外なゲストも登場(?)していますよ。(URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1395284178

ゲーム内容だけでなく、略称までユニークな『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』もとい『はんもっく』、その発売はいよいよ来月です。なお、店頭での予約などの際に『はんもっく』と店員さんに告げるのは、自己責任でお願いします。

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が 6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

    PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

  2. 【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

    【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

  3. ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

    ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

  4. 『アイドルマスター ステラステージ』公式生放送「ステラチャンネル第3回」で最新情報が公開

  5. 【レポート】『バイオハザード7』無料エピソード「Not A Hero 」をPS VRで体験…撃て、殴れ、そして恐怖せよ!

  6. PSVR 『MONSTER OF THE DEEP: FFXV』配信開始―最新トレイラーも公開!

  7. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  8. PlayStation Store 11周年記念セールが開始―最新作を含むPS4ソフトが最大75%OFFに!

  9. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  10. 『ドラゴンボール ファイターズ』アニメの名シーンを彷彿させる、大迫力なテレビCMを公開

アクセスランキングをもっと見る