人生にゲームをプラスするメディア

杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート

その他 フォトレポート

杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
  • 杉浦氏「Gシリーズ最大規模のボリュームと質になっている」、先行発表盛りだくさんの『MHF-GG』先行体験会レポート
カプコンは、『モンスターハンター フロンティアGG』新武器種「穿龍棍」先行体験会を開催しました。



本イベントにはプロデューサーの杉浦一徳氏とディレクターの木本龍己氏が登壇し、『モンスターハンター フロンティア』史上初となる新武器種「穿龍棍」の説明や、4月23日(水)に実施される大型アップデートについての発表が行われましたのでレポートしていきます。




まずは、すでにプレビューサイトにて公開されている新武器種「穿龍棍」にて改めて説明が行われました。「穿龍棍」の名前の由来は、決め技である「龍気穿撃」を撃つ際にトンファーから杭が飛び出て状態異常に持っていける特徴があることから命名。また、開発コードネームは「パイルトンファー」という名称で進められたといいます。





武器種の最大の特徴は「龍気穿撃」。頭部へ攻撃を行えばスタンを取ることができるのはモチロン、なんでも尻尾への攻撃では斬属性のスリップダメージが発生し、狙っていけば尻尾を切断することも可能とのこと。

また、前後2方向へのジャンプ攻撃や、抜刀ダッシュも魅力的です。ジャンプ攻撃は操作に慣れてくると空中に滞留しながらの連続攻撃も可能で、いまでにないカメラワークのハンティグが楽しめるようになっています。抜刀ダッシュの方法はカプコンならではの左スティック2回連続入力。また「龍気穿撃」が公開されていから届いた質問にも回答が行われました。







4月23日(水)に実施される大型アップデートについて、まず紹介されたのは新モンスターの鳥竜種「フォロクルル」と新フィールド「花畑」に登場する獣人種「ウルキー」。




ヒプノック以来の鳥竜種となるフォロクルルですが、動きはだいぶ異なっているとのこと。ウルキーは花畑で花を育てたり採取しながら生活を営む友好的な獣人種で、大型モンスターと同一フィールドにいると狩りを手伝ってくれるそうです。

また、会場限定先行公開として様々な情報が公開されました。なかでもネタとしてと前置きしたうえで公開された、「猟団員の証」高性能ピアスや「エクスカリバーG」の発表では会場が大きくどよめいていました。











こちらでもユーザーから届いた、『モンスターハンター フロンティアGG』についての質問に回答が行われ、その内容に集まったハンターから好印象の反応が返ってきているのが印象的でした。







イベント最後には、テレビアニメ「進撃の巨人」と「モンスターハンターフロンティア G』とのコラボが発表されました。本コラボのイベント内容や実装日時は現段階では不明、4月4日(金)に特設サイトに続報が更新されるとのことです。



【防具】「調査兵団」シリーズは、兵団所属の兵士が着用する制服で全身に張り巡らされたベルトが特徴的な防具。腰部位には立体機動装置が取り付けられているものの、残念ながらゲーム内でその機動性を活かした動きは再現できなかったそうですしかしながら、防具としての性能は極めて高く、初心者からベテランまで全てのハンターにオススメとのこと。

杉浦プロデューサーの挨拶では、「思い起こせば去年の4月にG1を実装して、非常に厳しいご意見を頂いて、その宿題を元にG2、G3をやってきました。スタッフにはG2が始まる前の段階でG4(GG)ではハンターのみなさんすべてに言葉ではなく行動やモノで見せないといけないと話をして、G2やG3では見せられず悔しい思いをしてきたんですけど4月までに耐えに耐えてご用意することができました。」とまずは語り、「まだお伝えできていない部分はありますが、今回Gのシリーズのアップデートでは最大規模のボリュームと質になっているので期待には絶対お応えできると思っています。これからもしっかりアップデートを重ねていきますので今後ともよろしくお願いします」と『モンスターハンター フロンティアGG』への意気込みを伝えイベントは終了しました。

『モンスターハンター フロンティアG』はPC/Xbox 360/PS3/Wii Uで、月額課金にてサービス中です。また2014年にはPS Vitaでのサービスも予定されています。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

    【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

  2. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  3. 【昨日のまとめ】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ、PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展、『STEINS;GATE ELITE』スイッチ向けにもリリース…など(9/21)

    【昨日のまとめ】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ、PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展、『STEINS;GATE ELITE』スイッチ向けにもリリース…など(9/21)

  4. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  5. 【昨日のまとめ】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」アンケート結果発表、スイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていた、『FFXV』「オンライン拡張パック:戦友」10月31日配信…など(9/20)

  6. 【レポート】「indie MEGASHOW Tokyo」は帰るのがツラくなるほど素敵な空間だった

  7. 【TGS2017】ビジネスデイ開幕!国内出展は292社で過去最多に

  8. 「TGS2017」D3Pブースが出展内容を公開、「くっころ撮影会」とはいったい…!

  9. 『海腹川背』や『洞窟物語』などのキャラが対決! 対戦格闘『Blade Strangers』のロケテを秋葉原で開催

  10. 「TGS2017」カプコンブースの物販情報や、『モンスターハンター:ワールド』の試遊整理券配布場所を公開

アクセスランキングをもっと見る