人生にゲームをプラスするメディア

神様として目覚めた少年が送り込まれる戦場とは!?『神様と運命覚醒のクロステーゼ』のキャラクター情報やバトルシステムなどを公開

ソニー PS3

画面写真「シン紹介(イベント)」
  • 画面写真「シン紹介(イベント)」
  • 画面写真「運命覚醒結晶(イベント)」
  • 画面写真「究極の選択(救助・討伐)」
  • 画面写真「ダンジョン」
  • 画面写真「敵を撃破」
  • 画面写真「ACゲージ」
  • 画面写真「イベントパート(イベント)」
  • 画面写真「戦闘パート」
日本一ソフトウェアは、PlayStation 3ソフト『神様と運命覚醒のクロステーゼ』のキャラクター情報、基本システムなどを公開しました。

『神様と運命覚醒のクロステーゼ』は、2013年1月に発売された『神様と運命革命のパラドクス』の物語から数年後、新たな舞台で新たなる登場人物達が「運命の覚醒」を巡る物語を展開していく運命覚醒ダンジョンRPGです。キャラクターデザインは、前作を担当した「いとうのいぢ」さんに加えて「堀愛里」さん、音楽は前作に引き続き「妖精帝國」が担当、メインキャストは「今井麻美」さんと「原由実」さんとなっています。

本作の世界観に関するテキスト、キャラクター情報、ゲームの基本システムが公開されました。物語の主人公となる少年についての詳細や、少年が神様として目覚めるきっかけとなった序盤のあらすじ、世界観に関連する重要なキーワードに加え、ゲームシステムの基本情報をお伝えします。

◆ストーリー


とある少年によって運命が革命されてから数年後・・・・・・
強大な悪魔であるサタナディアが倒れてからも、依然、悪魔たちの絶対的な優勢は覆っておらず、天使と悪魔は血で血を洗う戦争に身を投じていた。

あるところに、ゲリラ戦術でかろうじて戦況を保っている天界があった。
そこでは対悪魔用最終兵器として『神』の研究が進められており、人間を神へと変える『運命覚醒結晶』の適合者の到来を、今か今かと待ちわびていた――

――人間界。
主人公は学校からの帰り道に、空から降ってきた集団に襲われ、心臓を貫かれて死亡してしまう。
そこを謎の少女に助けられた主人公は、見知らぬ場所――、天界で目を覚ます。
移植された運命覚醒結晶に導かれるように、彼は天使と悪魔の戦争に身を投じていくことになる。

追い込まれ、苦しみ抜いて導き出した「究極の選択」は、時に思わぬ人を殺し、巻き込み、理不尽な結果を残していく・・・・・・

敵に勝つため、生き残るためあがいてきた主人公は、やがて自分と親しい少女ふたりの死という状況に直面する。
助けられるのはどちらかひとり。最後に彼が選ぶ道は――

◆キャラクター


■人間/神様「神風シン(Shin Kamikaze)」CV:三宅淳一(キャラクターデザイン:いとうのいぢ氏)
「言いたいことは山ほどあるけど、今はこいつを倒さなきゃ、誰も生き残れない。」

本作の主人公。性格は消極的で大人しく、人付き合いが苦手です。両親がおらず、幼少期にそのことをネタにしたいじめに遭っています。過去の様々な出来事から「人は他人を利用して生きている」と考えており、基本的に他人を信用しません。学校からの帰り道、悪魔に殺され神様として目覚めます。これをきっかけに、彼の運命は大きな変化を迎えます。

◆キーワード


■運命覚醒結晶
素質のある人間に移植することで、その人間を神とすることができる結晶。強大な神の力を制御するために、天使と悪魔の魂を一組、生贄に捧げる必要があります。運命覚醒結晶によって降臨した神は、生贄となった天使と悪魔の能力を継承します。

■神様
天界において、悪魔と戦うための最終兵器とされています。天使たちからは一応の礼節は払われますが、その存在意義は悪魔と戦うことであり、神本人に戦うかどうかの選択権はありません。

■天界と魔界
遥か大昔から、天界と魔界では、天使と悪魔が勢力を二分して戦争を続けていました。ある時、強大な悪魔サタナディアが出現し、戦争は悪魔側の圧倒的優勢に傾きました。彼が死んでからも、その優勢は覆っておらず、天使たちは劣勢の中、細々と戦っています。

◆「究極の選択」システム


神様として目覚めた主人公は、物語の要所で「究極の選択」を迫られます。本システムは「運命の分岐」、すなわち登場人物達の命運や物語の行く末に影響するもので、選択の先には異なる展開が待ち受けています。

掴み取れる選択肢は、ただ一つです。しかし、全ての選択肢に正しい回答はありません。「問い」 はいつも理不尽なものばかりで、いずれの選択の先でも、過酷な運命が主人公に襲いかかります。

また、究極の選択は物語に関わるだけでなく、主人公の「成長」にも影響します。選択により、主人公がどのような成長を遂げるのか。詳細は、続報が入り次第お伝えします。

◆バトルシステム


本作は、ローグタイプ(探索型)のダンジョンRPGです。悪魔勢力を滅ぼすために、主人公は重要な戦力として天使と悪魔が争う戦場(ダンジョン)へと送り込まれます。出現する様々な敵を倒し、ミッションの達成(ダンジョンのクリア)を目指します。

ダンジョンでは、攻撃アクションや特殊スキル、アイテムを駆使して並みいる敵を撃破していきます。レベルアップしていくと、より強力なアクションを繰り出すことができるようになります(レベルはダンジョンクリア後も引き継がれていきます)。ダンジョン画面右上のAC(活性ゲージ)が切れると、徐々に体力が失われていきます。探索中の適度な補給や、物資(武具、回復アイテム)の調達が大切です。

基本的に、イベント、拠点(天界)、戦闘(ダンジョン探索)の順で進行していきます。各章の始まりや終わり、戦闘の合間にはイベントパートが存在し、主人公の成長や天使と悪魔の戦争に関わる物語が進行していきます。

主人公は、時には味方の天使を援護するため、時には敵の重要拠点を襲撃するため、天界からの任務を受け、戦場(ダンジョン)へ出撃します。イベントパートは、戦場でも要所で挿入されます。

ダンジョンには、様々な武具やアイテムが落ちています。また、落ちているアイテムの中には、「未識別」で使用しないと効果が判別しないものもあります。敵を倒すだけでなく、探索中にそれらを取得し、必要な戦力や物資を整えることも重要です。思わぬ強敵との遭遇や、罠の発動による突然の窮地も、装備やアイテム次第でくぐり抜けることができます。ダンジョンの探索中、主人公にはジュピエルとアルルの2人のヒロインがサポートにつきます。2人は、神様としてまだ未熟な主人公を助け、行動を共にしてくれます。

◆「転神」システム


本作には、通常のローグダンジョンのシステム要素とは別に、本作ならではの独自システムとなる「転神」システムが搭載されています。このシステムを利用することで、主人公は一時的に強大な力を得て戦うことができます。

「転神」は、主人公に埋め込まれた「運命覚醒結晶」や、「2人の少女」と密接に関係しています。詳細は、次回の紹介となる予定です。

『神様と運命覚醒のクロステーゼ』は、2014年7月24日発売予定で、価格は通常版が6,800円(税抜)、初回限定版が8,800円(税抜)、DL版が6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

    【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

  2. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

    【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  3. 『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

    『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

  4. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』PS VR版プレイレポ―この爽快感、はいだらー!と叫ばずにはいられない

  5. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  6. 『ぎゃる☆がん2』製作決定─「TGS2017」体験ブースでは制服コンパニオンがお出迎え!

  7. 【PS4 DL販売ランキング】『ウイイレ2018 バルセロナエディション』初登場首位、『アサシン クリード 自由の叫び』は2位へ(9/21)

  8. 【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

  9. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』DLC「モンスターハンター」トレイラー!【UPDATE】

  10. 【TGS2017】人狼ゲーム+サスペンスドラマが楽しめる『Hidden Agenda』、駆け引きの果てに待つものは

アクセスランキングをもっと見る