人生にゲームをプラスするメディア

海外レビューハイスコア『Titanfall』

マイクロソフト Xbox One

『Titanfall』ローンチトレイラー

EGM: 100/100
Game Informer: 93/100
  • コンセプト: フリーランニングが可能な兵士やタワー型メカニックタンクによる近未来戦争
  • グラフィック: タイタンが大破した際の爆発描写から荒廃したステージの入り組んだテクスチャーワークまで、『Titanfall』の芸術的なセンスは多くのマルチプレイタイトルを遥かに凌駕している
  • サウンド: 素晴らしい音楽とサウンドエフェクト、戦闘中に繰り広げられる安定した程よいタイミングで聴こえるボイスワーク
  • プレイアビリティ: パイロットやTitanで様々なことができるが、操作は驚くほど直感的で簡単にコツを掴める
  • エンターテインメント性: 次世代機におけるマルチプレイヤータイトルで何ができるのかがわかる、ちょうど良い例になる
  • リプレイ性: 高い

GameTrailers: 93/100


Polygon: 90/100
Machinima: 90/100
GameSpot: 90/100


    良い点
  • 驚くべきキャラクターの挙動
  • Titanやパイロットの戦闘がシームレスに絡み合う
  • 様々な種類に富んだ、豪華な雰囲気を持つマップ

  • 悪い点
  • キャンペーンモードのストーリーでは、関心度の高いマップを活用しきれていない

Joystiq: 90/100
Metro GameCentral: 90/100
Official Xbox Magazine UK: 90/100
IGN: 89/100


    総評: 『Titanfall』は全てのアクション、全ての瞬間を楽しいものにする素晴らしい作品。新鮮なFPSマルチプレイヤータイトル。
    良い点
  • 滑らかなメカ、兵士のアクション
  • 素晴らしいゲームバランス
  • 高品質なマップ

  • 悪い点
  • 少ないゲームモード
  • プライベートグループがない

Official Xbox Magazine: 85/100
Destructoid: 80/100
The Escapist: 80/100
VideoGamer: 80/100
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

海外ではPC/Xbox One版が3月11日に、Xbox 360版は3月25日に発売予定のFPSタイトル『Titanfall』の海外レビューです。本作は昨年のE3に発表。次世代機Xbox Oneの作品群においても最も期待度の高いタイトルとして待望されていました。開発は『Call of Duty』シリーズを手がけた、Infinity Wardを離れたスタッフを中心に構成されているRespawn Entertainment。同スタジオにおける処女作になります。

PC版のレビューは揃っていませんが、Xbox One版でのメタスコアは86(サイト数: 39)。多くのサイトが、マルチプレイの楽しさが際立つことにより隠れてしまうストーリーや、武器やゲームモードのバリエーションの少なさなどは指摘しつつも、作品自体の全体的な評価はそれらの点が気にならなくなるほど高いものとなっています。

評価ポイントとしては、まずはグラフィック面。次世代機の性能を活かしていることもありますが、兵士やタイタンなどのキャラクターの挙動が滑らかに動く点は共通して評価されています。またマップ上のアーキテクチャーなどの細かい描写も、高評価に繋がったポイントになっています。

タイタンや兵士が使用できる武器については、多数存在するFPSタイトルと比較すると少ないですが、カードシステムによるキャラクターのアビリティ変化など、個々のプレイヤーに特徴を与える要素も高い評価となった要因のひとつです。

日本ではPC版は発売中、Xbox 360版は3月27日に発売を予定しています。発表以降、常にその情報が注目されてきた本作。海外レビューでは、数あるFPSタイトルのなかでも手本となる作品とも評されており、巨大メック「タイタン」が中心となるような大味なタイトルではなく、技術や駆け引きも求められるベーシックなFPSタイトルとして長く遊べるタイトルかもしれません。
《半蔵》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. Xbox360版『怒首領蜂最大往生』発売日が5月30日に決定

    Xbox360版『怒首領蜂最大往生』発売日が5月30日に決定

アクセスランキングをもっと見る