人生にゲームをプラスするメディア

新生『メタルギア・オンライン』 日本ではなくアメリカで開発する理由とは

ソニー PS4

未だ多くがベールに包まれている『Metal Gear Solid 5: The Phantom Pain』 その収録内容の一つとして期待される新生『メタルギア・オンライン』ですが、その開発拠点としてロサンゼルススタジオが選ばれた理由を小島秀夫監督が明かしています。

今回の開発拠点の変更に関して、国内ユーザーからMGOは自国内で開発すべきと批判の声が上がっています。小島監督はこれに釈明する形でIGNに対して次のように述べています。「MGOは日本で大成功を収めたオンラインゲームでした。しかし、世界規模でみれば必ずしも成功したとは言えません。今回、前作の開発に携わった東京本部の主力メンバー数人を中心に日本とLAで手と手を取り合い、成功に向け励んでいます」 このように、開発チームは国内外に関わらず全てのユーザーが楽しめるオンラインモードの確立を目指し、日々注力しているとのことです。



『Metal Gear Solid 5: The Phantom Pain』の発売と共に口火が切られる『メタルギア・オンライン』ですが、現在のところリリース時期は未定。本作のプロローグにあたる『Metal Gear Solid 5: Ground Zeroes』がまもなく解禁される中、さらなる発表が待たれるところです。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明が描いた「人造人間21号」をお披露目! CVに桑島法子を起用─映像&実機プレイで綴るステージをレポート

    【TGS2017】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明が描いた「人造人間21号」をお披露目! CVに桑島法子を起用─映像&実機プレイで綴るステージをレポート

  2. 【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

    【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

  3. 『仁王』有料DLC第三弾「元和偃武」配信開始!ゲーム本編が40%OFFになる記念セールも

    『仁王』有料DLC第三弾「元和偃武」配信開始!ゲーム本編が40%OFFになる記念セールも

  4. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  5. 【TGS2017】石川界人や開発陣が『CODE VEIN』を実演プレイ! 白熱バトルや細かすぎるキャラメイクなどをたっぷりお披露目─今後の試遊予定も発表

  6. 【TGS2017】まつげの長さからシワまで!キャラクリ要素を紹介した『モンスターハンター:ワールド』ステージレポ

  7. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

  8. 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

  9. 『仁王 Complete Edition』の発売が決定―オリジナル武器やオリジナルミニサントラが数量限定で付属

  10. 『ドラゴンボール ファイターズ』公式HPに各キャラクターの性能や特徴などをまとめた、紹介ページがオープン

アクセスランキングをもっと見る