人生にゲームをプラスするメディア

オートデスク、「Softimage」を次期製品をもって開発打ち切りへ

ゲームビジネス 開発

ウェブサイトでの告知
  • ウェブサイトでの告知
オートデスクは同社が提供する3Dグラフィックス制作用ソフトウェア「Softimage」の開発を、4月14日から出荷される「Softimage 2015」で終了することを明らかにしました。

「Softimage」は1986年に設立されたSoftimage社が開発してきたもので、同社は2008年にオートデスクによって買収されています。日本のゲームデベロッパーでも採用があり、影響があるものと見られます。

「Softimage 2015」のサポートは2016年4月30日までサポートが実施され、必要なアップデート等も行われる予定。開発終了により、現在同製品を利用しているユーザーは別のソフトウェアへの乗り換えが必要となりますが、オートデスクでは同様の3Dグラフィックス制作用ソフトウェアである「Maya」や「3ds Max」への無償での移行プログラムを提供するとのこと。

オートデスクは「開発中止の決定は弊社としても誠に残念ですが、開発リソースを主力製品に集約することで、メディアとエンターテインメントの業界のニーズに幅広く対応でき、より良い製品をより早くお客様に提供できるようになると確信しております」とウェブサイトでコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  3. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  4. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  5. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  6. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  7. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  8. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

アクセスランキングをもっと見る