人生にゲームをプラスするメディア

寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催

その他 フォトレポート

寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
  • 寒空の中、100人以上のファンが秋葉原に集結 ― 『龍が如く 維新!』発売記念抽選会&体験会が開催
セガは、PS4/PS3ソフト『龍が如く 維新!』の発売記念抽選会&体験会をPlayStation 4発売日の2月22日に秋葉原にて開催しました。

このイベントでは、2月22日に『龍が如く 維新!』を購入した方にプレゼントが当たるというもので、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡にて開催されました。プレゼントは、「龍が如く 麻雀牌」「龍が如く Tシャツ」「龍が如く 維新!オリジナルQUOカード」「龍が如く タブレットケース」「龍が如く マウスパット」「龍が如く 維新! オリジナルクリアファイル」など『龍が如く』にまつわる商品となっており、秋葉原には寒空の中、100人弱のユーザーが本イベントに参加しました。



また『龍が如く』シリーズ総合監督・名越稔洋氏と、『龍が如く 維新!』プロデューサー・横山昌義氏の2名によるサイン会が、「ビックカメラ有楽町店」と「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」で同時開催され、あわせてメディア向けに合同インタビューも実施。その模様をお伝えします。







―――いよいよ本日、発売日を迎えた『龍が如く 維新!』ですが、率直なご感想をお聞かせください。

横山氏:朝からみなさんが『龍が如く 維新!』を遊んでくれているのか、インターネット等をみてチェックしていました。PS4の発売と重なったということもあって、色々なニュースが出てゲーム業界自体が盛り上がっている印象ですが、その中で『龍が如く 維新!』というキーワードを見るたびに、この日に間に合ってよかったなと実感しています。みなさん、気を遣ってくれているのかあまりネタバレは出ていない気がします(笑)。ただ、ゲームを作っている側としては、中身に対する反応が気になるので、明日以降(2月23日以降)も引続きチェックしていきたいと思っています。

名越氏:PS4のカウントダウンイベントにも参加させていただいて、盛り上がりを実感しています。量販店さんによってはもう売り切れているという話も聞いているのですが、みなさんに手に取っていただける日が来て、まずはホッとしています。

PS4と結びつきがが強い印象を持たれていますが、PS3版もでていますので、そちらも売れてほしいなと思う気持ちもあります(笑)。ローンチでゲームを出すということには、変な意味ではなく、複雑な気持ちがあります。かつてセガはハードメーカーでしたから。

過去に任天堂さんのハードのローンチにゲームを供給させてもらったことも有りますが、今回は以前とは少し違う印象です。『龍が如く』シリーズは、ソニーさんとずっと一緒にやらせてきてもらいましたが、ソニーさんのハードでローンチにゲームを供給するのは、実は今回が初めてなんですPS4は今一番注目されているハードだと思いますし、そのハードに一番乗りできたのは嬉しいですし、誇りに思います。そして、寒いです(笑)。

――有楽町の会場でもサイン会を実施されたそうですが、ユーザーの熱量をどのくらい感じましたか?

名越氏:ユーザーの方の熱量は毎回同じように高いのはありがたいですし、変な話、本当に寒いので(笑)。外にでるのがめんどくさいと思われてもおかしくない中でいつもと変わらない、多くのユーザーの方に来てもらえるのは本当に嬉しく思います。

横山氏:発売日なので、ユーザーのみなさんは家にこもってゲームをプレイしていると思ったのですが、夕方のイベントにもたくさんの方にきて頂いて非常に嬉しく思います。家に帰って、暖かい環境でプレイをしてもらいたいなと思う反面、僕達も勇気をもらえました。

――ゲーム本編のリリースに先駆けて、PS Vitaで『龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita』が配信されましたが、感触はいかがでしょうか?

横山氏:手応えはすごく感じています。今日のサイン会でも、無料アプリをやり込んでお金や武器をため込んでいると言ってくださったユーザーさんがたくさんいらっしゃいました。気持ちを高ぶらせてゲームを始めてもらう下準備として、いいゲームシステムを提供できたんじゃないかと思います。

名越氏:『龍が如く』に対して、これまでシリーズをプレイしたことがない方に接する機会を増やしたいという思いで、けっこう大盤振る舞いな内容で作りました。おかげさまで、多くの方にダウンロードしていただいています。

数はかなり多くの方に落としてもらっているのですが、ダウンロードしてくれた方の何割に『龍が如く 維新!』を購入していただけるのかドキドキしているところもあります。ただ、そういった方々に触れてもらえているということだけで我々は満足ですし、評判も良かったので、嬉しく思います。

――『龍が如く 維新!』では、PS3での開発に加えて、日本でのPS4のローンチ合わせ、『龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita』など、多くのチャレンジがありましたが、その中でもチャレンジだったと思うことはなんでしたか?

横山氏:維新自体がチャレンジでした。世界観がこれですからね。スピンオフは龍が如くシリーズでもやってきていますが、「坂本龍馬」が主人公で「幕末」という舞台で、「龍が如く」という名前を背負ってやること自体が勇気のあることですし、その中でもゲームシステムとしても面白い内容に仕上げることができたので、1年前に下した「龍が如くを幕末でやる」という決断自体がチャレンジだったな、と思います。

名越氏:やはり、PS4のローンチで出すということですね。僕らが『龍が如く』を1年に1本のペースで作ってきたというのは皆さんご存じだと思いますが、ソニーさんからPS4版のオファーが来たときも、そんなに余裕のあるスケジュールではなかったので、我々もすぐには返事をすることができませんでした。『龍が如く 維新!』を制作することを決めた段階ではPS3版だけで、PS4版の話はなかったんですよ。PS4版も作るという決断が、一番の分岐点だったと思います。加えて、PS Vitaの無料アプリもあったので、デバッグもシリーズで最も時間がかかりましたし、チャレンジというよりもしんどかったですね。こうやってきちんとパッケージが店頭に並んでいるのを見ると、本当にスタッフは頑張ってくれたなと。スタッフをほめてあげたいですね。

――『龍が如く 維新!』では,ナンバリングタイトルには出演しなくなったキャラクターが多数登場しますが,久々の出演となったキャスト陣の収録で,思い出深いエピソードがあれば教えてください。

横山氏:再出演となった皆さんには総じて喜んでいただけました。今まで出演していただいた方々は、周囲から「あの作品に出ていたね」と言われても、出演のチャンスはもうないと思われていたそうです。ナンバリングでは柏木 修を、『龍が如く 維新!』では井上源三郎を演じていただいた咲野俊介さんは、自分が演じたキャラクターは死んだと思っていたそうなので、今回、重要な役どころで再出演となったことに驚かれていました。収録時のテンションもすごく高くて、キャストの皆さんに「またやれるんだ」と思っていただけるタイトルになったというのは、こちらとしてもありがたい話なので、良かったなと。

名越氏:普段から中村獅童さんとはよく食事などに行くのですが、彼は歌舞伎役者ですけど、テレビドラマや新劇の舞台など、新しいものにチャレンジするのが大好きで、ゲームの仕事も楽しんでくれていたみたいです。出演した後に大きな反響があり「あの仕事ってすごかったんだ」と楽しんで頂けたようです。高橋ジョージさんも、完成披露記者会見で「スピンオフしか出られないんだよね」と、すごく名残惜しそうに言っていただきました。そういう風に言ってもらえると復活させたくなる気持ちも生まれます、ユーザーさんからのそういった声もありますから、いつかはそういう声を反映する形で応えていきたいなと思います。

――横山さんは『龍が如く5 夢、叶えし者』に続いて『龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita』も含めると3作目のプロデュースとなるのですが、『龍が如く 維新!』の開発を振り返ってみて、楽しかったことはなんですか?

横山氏:年を取ると時間が経つのが早いといいますが、この1年は長かったですね。『龍が如く5 夢、叶えし者』が1年ちょっと前の話ですけど、もう3~4年くらい前のことに感じられます。1日1日が濃かったからだと思うのですが。

本作をお披露目したのは2013年の8月17日でしたが、それすら遠い昔のように感じます。1年前には戻りたくないですけどね(笑)。でも、素晴らしい濃い1年が過ごせたなと思います。

――名越さんは、横山さんを見守る立場として、いかがでしょうか?

名越氏:横山もたくましくなりましたし、ディレクターの阪本も成長したと思います。作品を通して自信が生まれるのが一番いいことだと思いますから、あとは、自信が付いても調子に乗らないよう、キチンとやっていれば人間段々成長していくと思いますので。うちのスタッフ達は謙虚なので、これからも成長してくれると信じていますし、次にいい作品を作れるよう勉強してくれていると思っています。

――それでは改めて、本作をプレイしてくれる、読者に向けてメッセージをお願いします。

横山氏:寒いですしね、家にこもって思い切りゲームをしてください!我々は家庭用ゲームを作っていますし、やっぱりゲームを家でたくさんやってほしい、と思って作った内容・ゲームシステムにもなっています。外は寒いですけど、家では熱くゲームをプレイしてもらいたいです。宜しくお願いします。

名越氏:狙っているわけではないんですけど、『龍が如く』って寒い時期に出ることが多いんですよね。僕らもゲームを作る際に意識をするのですが、遊ぶ環境がいつくらいで、今世の中の環境がこうなっていて、ゆえにこういう話で遊んでもらいたい、こういう気持ちになってほしいな、というのは考えながら作っています。

横山もそういう目線で演出をかけることがもちろんあります。特に今日は思いっきり寒いので、本作のアツさは現代劇にはないものなので、また『龍が如く』の魅力が1つ増えたんだな、と最後までやって頂ければ感じてもらえると思います。そういう新しい魅力・見どころ満載なので隅々まで見て頂ければと思います。

――ありがとうございました。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【編集後記】涙腺が崩壊する『ドラクエXI』とパソコンなんてあるわけない「島根」の話

    【編集後記】涙腺が崩壊する『ドラクエXI』とパソコンなんてあるわけない「島根」の話

  2. 【昨日のまとめ】海外『スプラトゥーン2』次回フェスのお題は?、『モンスターハンター:ワールド』PV第2弾、『艦これ』中破状態の「Iowa(アイオワ)」フィギュア…など(8/18)

    【昨日のまとめ】海外『スプラトゥーン2』次回フェスのお題は?、『モンスターハンター:ワールド』PV第2弾、『艦これ』中破状態の「Iowa(アイオワ)」フィギュア…など(8/18)

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】好きなゲームを布教したいのに…

  6. 『艦これ』中破状態の「Iowa(アイオワ)」フィギュアが登場、破れた衣服と茶目っ気たっぷりな表情がたまらない!

  7. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  8. 『MOTHER』オシャレな「どせいさん」手帳カバーが公開―糸井重里氏のミニインタビューも

  9. 【昨日のまとめ】『FGO』水着イベント第2部で60連召喚、PS4大型アップデート「バージョン5.00"NOBUNAGA"」、ピカチュウサンバイザーの意外な活用方法…など(8/17)

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る