人生にゲームをプラスするメディア

ソチオリンピックの選手村にゲームコーナーが!旧ソ連時代のレトロなアーケードゲーム筐体やWii Uがずらり

その他 全般

『Магистраль』(Highway)
  • 『Магистраль』(Highway)
  • 『Cнайпер-2』(Sniper-2)
  • Wii Uコーナー
  • ほかのアーケード筐体も
現在ロシアで開催されているソチオリンピックの選手村には、旧ソ連時代のレトロなアーケードゲームやWii Uを遊べるゲームコーナーが設置されているようです。

米国スキー選手チームのコーチを務める人物が海外メディア「Game informer」に寄せた情報によると、ゲームコーナーは白っぽく統一されたシンプルなフロアになっており、現代の新しいアーケード筐体と4ヶ所のWii U試遊コーナーに加え、旧ソ連時代に稼働していたという珍しいレトロなアーケードゲーム筐体が設置されています。

ひとつは山吹色のカラーリングが目を引くレースゲーム『Магистраль』(Highway)で、こちらは1983年に発売されたAtari 2600用タイトル『Enduro』や、電池式のカーレースゲームを思い起こさせたとのこと。

もうひとつはリアルな銃が添えつけられたシューティングゲームの『Cнайпер-2』(Sniper-2)。ゲームの詳細はわかりませんが、1970年代に海外で見られたオーソドックスなターゲットガンシューティングのように見えたと伝えています。ほか、ミラーボールが銀色に輝くディスコルームもあるようです。

提供されている写真はいずれも非常に閑散としていますが、滞在する選手や関係者たちが気分転換する場のひとつとして活用されているのかもしれません。
《Ami》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

    【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

  3. 【特集】『手っ取り早く遊べるアナログボードゲーム』7選

    【特集】『手っ取り早く遊べるアナログボードゲーム』7選

  4. 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. フロム・ソフトウェア、新作ティーザー公開!背景に映る草書体のような文字とは【TGA17】

  7. 【速報】『FGO』新作アニメは奈須きのこ脚本「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」

  8. すべてが繋がるネオ・ノワールADV『Living Dark』ティーザー映像!

  9. 『ロックマンX』シリーズの「ゼロ」がねんどろいどに!ゼットセイバーは刀身の異なる2パーツを採用

  10. 背筋凍る新作ホラー『Remothered』発表!―名作クロックタワーが源流

アクセスランキングをもっと見る