人生にゲームをプラスするメディア

iOS/Androidアプリ『オズの国の歩き方』、ナイトメア・プロジェクトの最新作は児童文学を原作とした独特なテキストADV

モバイル・スマートフォン iPhone

iOS/Androidアプリ『オズの国の歩き方』、ナイトメア・プロジェクトの最新作は児童文学を原作とした独特なテキストADV
  • iOS/Androidアプリ『オズの国の歩き方』、ナイトメア・プロジェクトの最新作は児童文学を原作とした独特なテキストADV
サンソフトは、ナイトメア・プロジェクトの第五弾タイトルとなる、iOS/Androidアプリ『オズの国の歩き方』の配信を開始しました。

ナイトメア・プロジェクトはこれまでに『歪みの国のアリス』や『一夜怪談』などをリリースしており、アドベンチャー要素の強いゲームを制作することで知られていますが、このたび最新作となる『オズの国の歩き方』が登場しました。

本作は、世界的な児童文学作品である「オズの魔法使い」をモチーフとしながらも、ナイトメア・プロジェクトならではの独特な世界から生まれた、明るく泣ける、壮大な長編ファンタジーストーリーが楽しめるテキストノベルゲームです。

◆ストーリー紹介


「――ようこそ、世界へ」

見知らぬ館で気づいた、金色のおさげ髪の少女。
愛犬トトのこと以外、ほとんどの記憶を失っていることに気づいた彼女に、迎えにきた東の村のひとびとは、彼女のことを救世主「ドロシー」だというのでした。

不気味で気のいいカカシ、優しく物騒な高性能ロボット、無駄に偉そうなライオン、そして、愛犬のトトを連れて、黄色い煉瓦道をたどり、ドロシーの旅が始まります。
記憶を取り戻すため、そして、「魔女の呪い」に蝕まれつつある世界を救うために。
――けれど、個性的な仲間と住民にかこまれて、ドロシーの旅は順調にはいかなくて…?

ドロシーの記憶は戻るのか? 仲間たちの願いは叶うのか? 世界を統べる大魔法使いオズの正体とは? そして、世界を蝕む魔女の呪いとは…!?

やがて、ドロシーと仲間たちは、絆を胸に、最後の煉瓦道を歩き始める…!!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


ストーリーを読んでもらえれば分かる通り、お馴染みの物語を下地としながらも、原作では臆病だったはずのライオンが本作では無駄に偉そうになっていたりと、登場するキャラクターたちの方向性が大きく異なっており、またその旅路も原作とは違う意味で困難を極めそうな予感を覚えます。

本作は、選択肢分岐のあるテキストゲームとして進行し、基本無料でダウンのロードおよびプレイが可能。1日に4枚配付される“金の羽根”で少しずつ読み進めることができます。ゲーム全体で240枚の羽根が必要となりますが、アイテムでフリーパスにしたり、羽根を購入する事もできます。

世界的に知られた名作児童文学を、ナイトメア・プロジェクトならではの独特な世界観に染め上げた『オズの国の歩き方』。その壮大な物語を紐解いてみてはいかがでしょうか。

『オズの国の歩き方』は、好評配信中。価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C)2014 SUNCORPORATION All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【読者アンケート】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?1位はやっぱり…

    【読者アンケート】『FGO』どの★4サーヴァントをもらう?1位はやっぱり…

  2. 『ポケモンGO』世界各国を対象としたログイン障害が発生、原因は調査中

    『ポケモンGO』世界各国を対象としたログイン障害が発生、原因は調査中

  3. 『FGO』同人誌などの二次創作に関するガイドラインを公開

    『FGO』同人誌などの二次創作に関するガイドラインを公開

  4. 『ポケモンGO』に伝説のポケモン「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」登場!レイドバトルにて

  5. 【レポート】国内初『ポケモンGO』イベントに突撃―ミュウツー降臨に大興奮!

  6. 『ポケモンGO』ミュウツーが特別なレイドバトル「EXレイド」に登場!世界中のジムに現れる

  7. 【レポート】『ポケモンGO』みなとみらいでバリヤードに囲まれてきた!

  8. 【TGS2017】スマホの『真・女神転生』ってどうなるの? どんな課金スタイル? 気になる点を『D×2 真・女神転生 リベレーション』プロデューサーに尋ねてみた

  9. 『FGO』期間限定イベント「復刻:ハロウィン・カムバック! 超極☆大かぼちゃ村 ~そして冒険へ……~ ライト版」9月27日より開始!

  10. 『ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛』SRナルシアなどが手に入る事前登録が開始

アクセスランキングをもっと見る