人生にゲームをプラスするメディア

ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催

その他 全般

ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
  • ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
  • ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
  • Jun Senoue
  • Johnny Gioeli
  • ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
  • ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
  • ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
  • ハードロックファン必見!『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』瀬上純氏が率いるバンド、Crush40がLIVEを開催
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの楽曲などで知られるセガのサウンドディレクターでありギタリストの瀬上純氏と、アメリカンハードロックバンド「HARDLINE」のシンガー、ジョニー・ジョエリを中核とするバンド「Crush 40」のライブが開催決定!

気になる日程は、3月29日(土)と30日(日)の2日間。場所は東京・渋谷のGUILTYにて行われます。

Crush 40はセガのドリームキャスト向けにリリースされたゲームソフト、『ソニックアドベンチャー』シリーズのメインテーマ曲、「Open Your Heart」や「Live & Learn」を手掛けたことで知られています。楽曲はシリーズだけに収まらず、ソニックが参戦した『大乱闘スマッシュブラザーズX』にも収録されており、ソニックファンならずとも耳にした人は多いのでは?

また、ゲームへの楽曲提供以外に、東京ゲームショウや、昨年Zepp Tokyoで開催された「JAPAN Game Music Festival 2013」といったイベント出演、バンドとしてのライブも積極的に行なっています。2012年に開催されたライブは大成功を収め、アルバム「LIVE!」として発売。そのダイジェスト映像と「HIS WORLD」の様子がYouTube上に公開されました。





そんなCrush 40が贈る次回のライブ、本記事で初公開となるメンバーがコチラ!

Vocal:Johnny Gioeli
Guitar:Jun Senoue
Bass:Takeshi Taneda
Drums:Katsuji

このメンバーを見て「おおっ!?」と思ったアナタは、ソニックに詳しいのかも!?そう、バンドの代表曲として知られる『ソニックアドベンチャー2』の「Live & Learn」や、『ソニックと暗黒の騎士』の「Knight Of The Wind」などを当時レコーディングした面々なのです。

なお、このメンバー構成でライブを行なうのは初めての試み。それぞれの活動が多忙なため、ひとつのステージに立つのは奇跡的とのこと。また、本ライブでは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズ以外の楽曲も演奏されます。

ソニックをはじめとするゲームファンも、ハードロックが好きな音楽ファンも、バンドと一緒になって盛り上がるのがCrush 40のライブ。今回はフルのショウということで、スポット参戦よりも演奏時間が長いのも嬉しいですね。チケットはお早めに。

ライブやチケットの予約詳細は公式サイトにてご確認ください。
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  3. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

    テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  4. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  5. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  6. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  7. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る

1