人生にゲームをプラスするメディア

John Carmack氏がid Software退社を振り返る、idの新作たちにOculus Riftを導入しようと模索していた

ゲームビジネス 人材

John Carmack氏がid Software退社を振り返る、idの新作たちにOculus Riftを導入しようと模索していた
  • John Carmack氏がid Software退社を振り返る、idの新作たちにOculus Riftを導入しようと模索していた
id Softwareにて『Doom』や『Quake』といった名作と共にFPSやシェアウェアの概念を定着させた1人、Johan Carmack氏。昨年11月にも突如そのidを去り多くのゲーマーや業界人に衝撃を与えた同氏が、海外メディアUSA Todayのインタビューを受け改めて退社した当時を振り返りました。

Carmack氏はidにまた在籍していた当時、自身が手がけている新作タイトルにVRヘッドセットOculus Riftを導入するプランを提示していたと告白。Carmack氏自身よりOculus Riftの導入が何度か示唆されてきた『Doom 4』に加え、現在開発中の新作『Wolfenstein: The New Order』でも対応を目指していたことを明らかにしました。新作『Wolfenstein』においては、1月頭に開催されたCES 2014にてOculusの技術デモンストレーションの一部として公開される可能性もあったとのことですが、この件に関しid Softwareの親会社ZeniMax Mediaはコメントを差し控えています。

昨年11月にもidにテクニカルアドバイザーとして残りたかったことを伝えたCarmack氏ですが、同氏は当時idに残りOculus Riftと共に働いていく道を選んでいたとしても「たぶん自分は満足できただろうね」とコメント。「だが彼ら(ZeniMaxとOculus Rift)が協力できないという事実は私をとても悲しませた。ただただ不幸だった。id Softwareに居る間はVRに関する仕事をやる機会が持てないと悟った時、私は契約を更新しないと決めたんだ」と続けています。
John Carmack氏: 「今VRは消費者向けエレクトロニックエンターテイメント全方面の中で最もエキサイティングだと信じている。私は2Dゲームが3Dゲームへと移行しさらに全てがモバイルへと推移していったのをここ5年間で見てきた。もうしばらくすれば業界の動向に気づくはずだ。VRはとてつもなく巨大な分野になる可能性を秘めているだろう」
John Carmack氏は2013年8月よりOculus VR社の技術分野に関する最高責任者CTOを務めています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

    今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  2. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

    「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  3. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  4. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  8. 任天堂、ロゴを変更?

  9. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る