人生にゲームをプラスするメディア

John Carmack氏がid Software退社を振り返る、idの新作たちにOculus Riftを導入しようと模索していた

ゲームビジネス 人材

John Carmack氏がid Software退社を振り返る、idの新作たちにOculus Riftを導入しようと模索していた
  • John Carmack氏がid Software退社を振り返る、idの新作たちにOculus Riftを導入しようと模索していた
id Softwareにて『Doom』や『Quake』といった名作と共にFPSやシェアウェアの概念を定着させた1人、Johan Carmack氏。昨年11月にも突如そのidを去り多くのゲーマーや業界人に衝撃を与えた同氏が、海外メディアUSA Todayのインタビューを受け改めて退社した当時を振り返りました。

Carmack氏はidにまた在籍していた当時、自身が手がけている新作タイトルにVRヘッドセットOculus Riftを導入するプランを提示していたと告白。Carmack氏自身よりOculus Riftの導入が何度か示唆されてきた『Doom 4』に加え、現在開発中の新作『Wolfenstein: The New Order』でも対応を目指していたことを明らかにしました。新作『Wolfenstein』においては、1月頭に開催されたCES 2014にてOculusの技術デモンストレーションの一部として公開される可能性もあったとのことですが、この件に関しid Softwareの親会社ZeniMax Mediaはコメントを差し控えています。

昨年11月にもidにテクニカルアドバイザーとして残りたかったことを伝えたCarmack氏ですが、同氏は当時idに残りOculus Riftと共に働いていく道を選んでいたとしても「たぶん自分は満足できただろうね」とコメント。「だが彼ら(ZeniMaxとOculus Rift)が協力できないという事実は私をとても悲しませた。ただただ不幸だった。id Softwareに居る間はVRに関する仕事をやる機会が持てないと悟った時、私は契約を更新しないと決めたんだ」と続けています。
John Carmack氏: 「今VRは消費者向けエレクトロニックエンターテイメント全方面の中で最もエキサイティングだと信じている。私は2Dゲームが3Dゲームへと移行しさらに全てがモバイルへと推移していったのをここ5年間で見てきた。もうしばらくすれば業界の動向に気づくはずだ。VRはとてつもなく巨大な分野になる可能性を秘めているだろう」
John Carmack氏は2013年8月よりOculus VR社の技術分野に関する最高責任者CTOを務めています。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

    横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  5. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  6. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  7. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  10. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

アクセスランキングをもっと見る