人生にゲームをプラスするメディア

中国の大手電気メーカーがXboxライクな家庭用ゲーム機を今年度後半に発売

中国の大手電気メーカーTLCが、家庭用ゲーム機への参入を発表しました。

ゲームビジネス 市場
TLC ロゴ
  • TLC ロゴ
中国の大手電気メーカーTLCが、家庭用ゲーム機への参入を発表しました。

海外メディア中国日報が伝えるところによると、TLCが発売を予定しているゲーム機はマイクロソフトのXboxライクなコンソールで、今年度後半のリリースを目指しているとしています。

中国は、家庭用ゲーム機の販売を13年もの間禁じてきましたが、その政策を限定的な条件があるもの一時的に解除したばかりです。また、近年は安価なスマートフォンなどが流通しており、Android向けゲームを日常的に楽しむ人も増えてきました。

それに加え、基本プレイ無料のMMO中心にPC向けゲームを楽しむ若いユーザー層も多く、ゲーマー人口は年々増加してきています。

中国政府が家電市場に対して交付していた補助金を2013年に廃止してから、TLCは新しいビジネスモデルを模索し続けており、今回発売される新しいゲーム機が開かれたばかりの市場を開拓するための足がかりになることを望んでいます。

また、TCLの子会社であるTCL Multimedia Technology Holdings社長Hao Yi氏は、「2014年の中国は、エンターテインメントが最大の焦点になる」と語っており、中国の若者によるビデオゲーム需要の増加が本製品の売上げを押し上げると予測しています。

なお、中国企業との合弁会社を設立したマイクロソフトもXboxベースの家庭用ゲーム端末を発売予定。長い眠りから覚めた中国ゲーム市場に、今後ますます注目が集まりそうです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  2. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  5. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  6. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  7. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  8. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  9. 新感覚エンターテインメント、『マリオファクトリー』レポート

  10. デジタルハーツ、「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン」に3D変換サービスを提供

アクセスランキングをもっと見る