人生にゲームをプラスするメディア

5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート

近年、ゲームと映画をセットにして販売するケースが増えてきました。昨日1月16日に発売された『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』もそのひとつです。

ソニー PS3
5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
  • 5番目の作品が描いた現代日本の意味深さとは ― 『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』プレイレポート
近年、ゲームと映画をセットにして販売するケースが増えてきました。昨日1月16日に発売された『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』もそのひとつです。

元々「SHORT PEACE」は、大友克洋監督作品「火要鎮」、森田修平監督作品「九十九」、安藤裕章監督作品「GAMBO」、カトキハジメ監督作品「武器よさらば」のショートアニメ4本を1本の映画とした作品でした。

そしてプロジェクト第5番目の作品、グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏とクリスピーズの片岡陽平氏による『月極蘭子のいちばん長い日』を加えたのが、『SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日』であり、その共通点は日本が舞台であるということです。

■各作品の日本
・GAMBO:16世紀末
・九十九:18世紀
・火要鎮:18世紀
・月極蘭子のいちばん長い日:現代
・武器よさらば:近未来

また、良くも悪くもあっという間に終わってしまうため、ある程度は自分の中で「あれはこういうことなのだろうか…」と考える必要があります。ですのでマニア向けというか、好き嫌いが分かれる作品群と言えるでしょう。

それは『月極蘭子のいちばん長い日』も例外ではありません。ゲームのさまざまな要素がハイスピード・ハイテンションでぐいぐいと来るので、突っ込みが追いつかない間にクリアしてしまいます。ただ、純粋にゲームとしては面白く、横スクールで「エフェクトで敵を倒す」というシステムや、「VS デイ&ナイト」「マスク剥ぎ取りデスマッチ」といった一風変わったステージは程よい難易度でした。また、たった2人の声優で10人以上のキャラクターに声を当てている演技力と、次々と作風が変わるムービーパートも必見です。

全ての作品を見るのにそう時間は掛からなかったため、発売当日に全てを見ましたが、正直スッキリとした気持ちにはならず、かなりモヤモヤしています。「結局はあれはどうゆうことなの?」と作った方に聞きたいです。

そんなことを考えていると、「どの作品にも富士山の描写があった」事に気がつきました。その共通点がヒントとなり、「各時代の日本で起こっていたかもしれない出来事が描かれている」という個人的な解釈に。

そう考えた場合、16世紀末の日本では「旅人がモノノケの館に迷い込んでいた」かもしれず、近未来の日本では「廃墟と化した街で、人間が無人兵器と戦う」かもしれず、現代の日本では「お嬢様な女子高生が変身してヒットマンをしている」かもしれません。

だとすれば、『月極蘭子のいちばん長い日』が描いた「現代日本」は、ある意味で忠実で、実に今時な内容なのではないでしょうか。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

    『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  2. 『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

    『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  4. 『モンハン:アイスボーン』「ミラボレアス」オトモ装備の禍々しさが凄い!小っちゃいけれど“黒龍”そのものな姿をビューモードで観察

  5. 『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を大募集! メインモンスターの本気にあなたは勝てた?【アンケート】

  6. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  7. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  8. 『モンハン:アイスボーン』新イベクエ「嗚呼嗚呼、マッスルボディ」の初戦結果を大募集! 激昂ラージャン2頭にあなたは勝てた?【アンケート】

  9. 『Ghost of Tsushima』前編:英語から考える冥人にとっての「HONOR」とは?【ゲームで英語漬け#31】

  10. にじさんじライバー「叶」「葛葉」「黛灰」が振り返る海外版『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』―高難易度Co-opで生き残る術とは?

アクセスランキングをもっと見る