人生にゲームをプラスするメディア

『パズドラ』がアーケードに進出 ─ ガンホー、『パズドラ バトルトーナメント ラズール王国とマドロミドラゴン』を発表

その他 アーケード

『パズドラ』が対戦型アーケードゲームとして登場
  • 『パズドラ』が対戦型アーケードゲームとして登場
  • ロケーションテストの開催も明らかに
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、アーケードゲーム『パズドラ バトルトーナメント ラズール王国とマドロミドラゴン』のリリースを明かし、ロケーションテストの予定を発表しました。

iOS/Androidアプリとして登場し、今やその名を知らぬ人がいないほどの知名度と人気を集めた『パズル&ドラゴンズ』。既に2100万ダウンロードを達成したほか、北米市場においても累計200万ダウンロードと、その勢いは世界展開に至っても衰えることを知りません。また派生作として誕生するニンテンドー3DSソフト『パズドラZ』も、様々な要素が加えられており、多くの注目を集めています。

飛ぶ鳥を落とすが如き『パズドラ』の進撃ですが、このたび更なる展開を見せることが明らかとなりました。11月28日に放映された「ガンホー公式 パズドラ生放送」第1回にて、新作『パズドラ バトルトーナメント ラズール王国とマドロミドラゴン』をアーケードにリリースするとの発表を行いました。

この放送では、限定配信される新降臨ダンジョン「イザナミ降臨!」へのチャレンジなどで大いに盛り上がりを見せ、20万を超す来場者数を数えました。その放送の中で、『パズドラ』関係の最新情報であり、アーケードゲーム初進出となる『パズドラ バトルトーナメント ラズール王国とマドロミドラゴン』のサプライズ発表を実施し、多くの視聴者を驚かせました。

詳しいゲーム内容に関してはまだ明かされていませんが、本作はパズルゲームであると同時に、1対1の対戦型アーケードゲームでもあるため、リアルタイム性が重視されているとのことで、『パズドラ』の新たな一面を楽しませてくれそうです。また放送内にて、本作のロケーションテストを開催する旨も明かされました。日程などに関しては、下記をご覧ください。

■『パズドラ バトルトーナメント ラズール王国とマドロミドラゴン』 ロケーションテスト

・実施期間
12月13日~12月15日の3日間

・開催場所
秋葉原:Hey
横浜:ラウンドワン横浜駅西口店
梅田:namco梅田店


この他の詳細に関しては、12月5日公開予定のロケーションテストサイトにて詳しく発表されるとのことです。『パズドラ』の新たな展開に、逸る心を抑えきれない方は、このロケーションテストに参加し、いち早く新たな『パズドラ』を体験しましょう。

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

アクセスランキングをもっと見る