人生にゲームをプラスするメディア

『聖剣伝説』の世界を描いた磯野宏夫氏の遺作展、12月7日より開催 ─ ポスターやパッケージに使用された原画も展示

熱帯雨林の様々な樹木を色彩豊かに描き続け、地球の温暖化を憂いていた磯野宏夫氏。ゲームファンにとっては『聖剣伝説』などのメインビジュアルを担当したことでも有名な磯野氏は、今年の5月に急逝されました。

その他 全般
磯野宏夫氏の遺作展、12月7日より開催
  • 磯野宏夫氏の遺作展、12月7日より開催
  • 『聖剣伝説2』 パッケージ
熱帯雨林の様々な樹木を色彩豊かに描き続け、地球の温暖化を憂いていた磯野宏夫氏。ゲームファンにとっては『聖剣伝説』などのメインビジュアルを担当したことでも有名な磯野氏は、今年の5月に急逝されました。

兼ねてから計画のあった展覧会を、「追悼 磯野宏夫原画と映像展」として7月8日から大阪にて行われたのは、まだ記憶に新しいことと思います。

そしてこのたび、「磯野宏夫遺作展 森の惑星/聖剣の森へ」の開催が発表されました。生前から磯野氏が準備を進め、また楽しみにしていた南青山での個展を、遺作展という形で開催する運びとなった模様です。

会場では、原画展示のほかに、磯野氏が最後に手がけた仕事となるブルーレイの放映も予定しているとのこと。また、スクウェア・エニックスの協力により、『聖剣伝説』シリーズのポスターやパッケージに使用された原画も観覧できます。

遺作展は、東京都港区南青山にある「ギャラリー5610」にて、12月7日より12月15日まで開催されています。なお開催時刻は、11時から18時まで。最寄り駅は、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線の表参道駅となります。

(C) 2002-2013 Hiroo Isono All rights reserved
(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

    「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  2. 30万人まで後一歩!歴代最高の来場者数だったTGS2018、何が一番よかった?【読者アンケート】

    30万人まで後一歩!歴代最高の来場者数だったTGS2018、何が一番よかった?【読者アンケート】

  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」新作短編が発表―10月31日発売「ザ・スニーカーLEGEND」に掲載

  4. 生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

  5. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  6. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る