人生にゲームをプラスするメディア

「黒川塾 十伍(15)」12月26日開催、20年を経て未来の今から見た『バーチャファイター』とは何か

ゲームビジネス 人材

寺田克也さん
  • 寺田克也さん
  • 佐藤大さん
  • 羽田隆之さん
エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾 十伍(15)」を12月26日に開催すると発表しました。

「黒川塾」は、音楽、映画、ゲーム、ネット、ITなど、すべてのエンタテインメントの原点を見つめなおし、来るべき未来へのエンタテインメントのあるべき姿をポジティブに考える会です。ナビゲートは、あらゆるエンタメジャンルに精通したメディアコンテンツ研究家である黒川文雄氏。新たな気づきや明日からの活力になる勉強会、企画を開催しています。毎回多才なゲストを招待しての事例紹介、クロストーク、リスナー参加型の質疑応答形式なども行っています。

今回のテーマは導入後20年を経た『バーチャファイター』です。1993年12月、株式会社セガエンタープライゼス(現在の株式会社セガ)から、新開発のアーケードゲーム開発基板によって開発された格闘ゲーム『バーチャファイター』が全国のアーケードに導入されました。

従来の2Dグラフィックのゲームと大きく異なるモーションやリアルなアクションは格闘ゲームの歴史に衝撃とともに、新たな1ページを刻みました。また、ゲームの操作面においても、パンチ、キック、ガードという3つのシンプルな操作に特定したことも斬新でした。結城晶(ゆうきあきら)、パイ・チェン、サラとジャッキー・ブライアントの兄妹など、8人の魅力的なキャラクターの人気も伴い一躍時代を象徴するヒットゲームの地位を獲得し現在に至ります。

今回の黒川塾のテーマはエンタテインメントの未来を見据えて開発された『バーチャファイター』とは何か、そして開発導入から20年を経て、未来の今から見た『バーチャファイター』とは何か、そしてそのムーブメント足りえたものは何かを語る夕べとして開催。

メンバーは『バーチャファイター』のリアルイラストを描き起こした寺田克也氏、メディアを通じて『バーチャファイター』の魅力を伝え、現在放送中のテレビドラマ「ノーコン・キッド ぼくらのゲーム史」でも当時のムーブメントを取り上げている佐藤大氏、取材記者のみならずプレイヤーとしても一世を風靡した「新宿ジャッキー」こと羽田隆之氏、そして、『バーチャファイター』の認知促進を宣伝という面で支えた黒川文雄氏。『バーチャファイター』に所縁のあるメンバーでのトークセッションとなっています。

■プロフィール紹介(敬称略)
【寺田 克也】(てらだ かつや)
マンガ家、イラストレーター。 岡山県玉野市生まれ。マンガ、小説挿絵、ゲーム、アニメのキャラクターデザインなど「絵を描く事」を軸とした幅広い分野で営業中。メビウスを代表とするフレンチコミック(BD=バンドデシネ)の洗礼を10代で受け、同時にベースにあるアジアの「線」を意識した絵作りで国内外にて活動中。代表作に「西遊奇伝大猿王」、「ラクダが笑う」(以上マンガ)、『バーチャファイター』シリーズ、『BUSIN』(以上ゲームキャラクターデザイン)、「ヤッターマン」(キャラデザインリファイン)、「仮面ライダーW」(クリーチャーデザイン)などがある。この2013年には京都マンガミュージアムにて自身のひと区切りとなる展覧会「寺田克也ココ10年展」を開催した。近年は仕事を離れた絵の展示をアメリカで実験的定期的に挑戦中。

【佐藤 大】(さとう だい)
脚本家 19歳の頃、主に放送構成・作詞の分野でキャリアをスタートさせる。その後、ゲーム業界、音楽業界での活動を経て、現在はアニメーションの脚本執筆を中心に、さまざまなメディアでの企画、脚本などを手がけている。2007年「ストーリーライダーズ株式会社」を代表取締役として設立。脚本代表作:TVアニメ「カウボーイビバップ」、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」、「ウルフズレイン」、「サムライチャンプルー」、「交響詩篇エウレカセブン」、「エルゴプラクシー」、「FREEDOM」、「東のエデン」、「LUPIN the Third -峰不二子という女-」 3DCG映画「鉄拳 ブラッドベンジェンス」、3DCG「Halo Legends」(【The Package】脚本担当) Playstationゲーム『エースコンバット3 エレクトロスフィア』、3DSゲーム『バイオハザード:リベレーションズ』、『エクストルーパーズ』 実写ドラマ「ノーコン・キッド ぼくらのゲーム史」など。

【羽田隆之】(はねだ たかゆき)
1989年、隔週刊行時の「ファミコン通信」編集部に入部し、家庭用ゲーム記事を作る。その後、週刊誌となった"週刊ファミ通"で悶々としていたところへ『バーチャファイター』がリリースされたことをきっかけに、ファミ通誌上で猛烈な記事展開を続ける。その後、バーチャファイター2のブームが社会現象化するに伴い、「バーチャの鉄人」として、「100人組手イベント」を始め、各種メディアに露出。2004年セガに入社。『VF5』制作チームに所属し、現在に至る。

■開催概要
開催会場:南青山 サイバーエージェント・ベンチャーズ STARTUP Base Camp
参加費:
・peatix 事前申し込み3,000円 1ドリンク代込み 軽食あり
・peatix 事前申し込み 学割2,500円(専門学校・大学など学生証をお持ちいただけた方対象とします)
・当日料金 一般 3,500円/学生 3,000円(学生証をご持参ください) 
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

    日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

  3. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  4. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【CEDEC 2014】ゲームの楽しさは計測できるのか? ゲーム開発者と学術研究者が語り合った

  6. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  7. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  8. セガサミー、韓国でカジノリゾートの建設を開始・・・総投資額は1370億円

  9. 任天堂・岩田社長の訃報に業界著名人から哀悼の声 ― 桜井政博や吉田修平もコメント

  10. テレビ局ならではの遊びを展開、ゲーム事業に乗り出すTBSの狙いとは?

アクセスランキングをもっと見る