人生にゲームをプラスするメディア

ROBOT魂「ガンダムデスサイズヘル」登場、Gチーム後半5機ついに集結

その他 玩具

ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル
  • ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムデスサイズヘル
  • ROBOT魂「ガンダムデスサイズヘル」登場、Gチーム後半5機ついに集結
  • ROBOT魂「ガンダムデスサイズヘル」登場、Gチーム後半5機ついに集結
  • ROBOT魂「ガンダムデスサイズヘル」登場、Gチーム後半5機ついに集結
バンダイは、アクションフィギュア「ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル」を発売中です。

ROBOT魂は、バンダイが長年蓄積してきた技術と、ロボットを愛する心「ロボット魂」が創りだしたハイターゲット向けロボットフィギュアです。最先端のCAD技術+造形職人の匠の技が織りなす「造形の妙」で、「ガンダム」シリーズや「マクロス」シリーズといった作品に登場する数々のロボットを圧倒的な完成度で立体化しています。

このROBOT魂に、「新機動戦記ガンダムW」シリーズより、デュオのガンダムデスサイズヘルが登場しました。最大の特徴であるアクティブクロークは設定通り開閉可能。

その他、ツインビームサイズ、バスターシールド等、武装も余すところ無く再現されています。ツインビームサイズは、柄が反ったものも付属し、迫力あるアクションポーズが可能。バスターシールドは先端の刃が開閉し、ビーム刃が装着できます。

■ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル
全高:約130mm
材質:ABS、PVC製
セット内容:
・本体
・交換用手首左右各3種
・ツインビームサイズ
・バスターシールド

「ROBOT魂 ガンダムデスサイズヘル」は好評発売中。価格は5,040円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  8. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  9. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

アクセスランキングをもっと見る