人生にゲームをプラスするメディア

女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか

アバーメディアのポータブル・ビデオキャプチャーデバイス「AVT-C875」。突撃企画として、ニコ生配信者である「ココ先生」が、高尾山に登って、大自然の中でゲーム実況の収録に挑戦してみました!

その他 フォトレポート
女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
  • 女子は山奥でゲーム実況をキャプれるか
どこでもお手軽にゲーム実況録画や生放送配信ができる、アバーメディアのポータブル・ビデオキャプチャーデバイス「AVT-C875」。

インサイドとGame*Sparkでは、「基礎解説編」「実践編」と2回にわたって本機のレビューを掲載しましたが、第3回目は突撃企画として、ニコ生配信者である“荒ぶる幼児園の先生”こと「ココ先生」が、高尾山に登って、大自然の中でゲーム実況の収録に挑戦してみました!その模様を、フォトレポート形式でお届けします。


高尾山口に着きました~。いざ出発!


高尾山公認のゆるキャラ「ムッちゃん」を発見!


リフトに乗って山上に向かうことに。


おみやげ屋で縦笛とお面をゲット。


リフトに乗りながら何となく吹いてみた。


山上駅に到着。山奥に行く前にキャプチャデバイスを予習しておこう。


へ~。こうなってるんだ。小さくてスマホみたい。


うん。何となく分かった気がする!


空気がきれいで気持ちいいなあ~。でも山道はしんどい……。


あ、キレイ。




ひと休み。


高尾山の名物「たこ杉」に到着。そろそろキャプりたい気分になってきたぞ。


私の「神プレイ」、録れるかな。


よし、まずはノートPC上で専用のキャプチャソフトを起動。


うーん、確かこうかな……。


接続はこれでヨシと。


「RECentral」を使った録画設定はとってもカンタン。


プロファイルを保存しておけば毎回設定する手間も省ける。


次はゲームを起動。私の好きな「ミートボーイ」をやろう!


青く光る真ん中のボタンをぽちっと押して……


赤くなったら録画スタート! わっかりやすーい。


こんな森の奥まで来たんだし、ホラーゲームでもやってみようかしら。


友達に教えてもらった超コワイゲーム、「スレンダーマン」。


ドキドキだなー。


……。


スレンダーマン、怖すぎ!


よし、次はちょっと場所を変えて、FPSをやってみよう。


さくっとセッティング完了。


最近はまってる「CS:GO」で練習だ。


あー! おしい! あと少しで勝てそうだったのに。悔しいなー。


この「AVT-C857」があれば、外でもこんなカンタンに録画できちゃうんだ。
PS3とか、ゲーム機でも使えるみたいだし、便利。


でも、こんな山奥まで来ちゃって、無事帰れるかな?


まあいいや、とりあえず、録画終了!


帰り道にお団子で腹ごしらえ。


キャプチャさん、今日はありがとう。


リフトの上で思いにふける。


どんな「神プレイ」がとれたのか、楽しみ。


無事、下山して高尾山口駅に到着。おつかれさまでしたー!


「AVT-C875」の公式サイトはこちらから

※只今アバーメディアのウェブサイトにて、以前INSIDEでも紹介したHDゲームレコーダー「AVT-C281J」の特別版「AVT-C281JKAMI」の値下げキャンペーンを実施中
《編集部》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』ポスタービジュアル解禁!青いシルエットが最高にクール

    ハリウッド実写映画『ソニック・ザ・ムービー』ポスタービジュアル解禁!青いシルエットが最高にクール

  2. 実写版「ドラクエ」のスライムは本当にグロい―「モンハン」で振り返るゲーム実写化の今昔【特集】

  3. 【週刊インサイド】『FGO』12月のアップデートで利便性が向上! 『スプラトゥーン2』の「メイン性能アップ」に迫る特集にも注目集まる

  4. 魅力的なイラスト×勝ち抜いた演者=「最強バーチャルタレント」誕生!「AVATAR2.0」によるオーディション優勝者5名が決定

  5. 『荒野行動』全日本大会を来年実施! eスポーツ参入も発表─新発表とライブが織りなすリアルイベントは大盛況

  6. 『モンハン』のアイルーをモチーフにした可愛いネックレス&リングが登場!思わずオトモにしたくなるかも

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る