人生にゲームをプラスするメディア

『信長の野望・創造』フリークエストシステム「戦国伝」を導入 ― 個々の物語をドラマティックに描く

ソニー PS3

戦国伝ではムービーやイベントが発生。「桶狭間の戦い」前に語られる信長の心境
  • 戦国伝ではムービーやイベントが発生。「桶狭間の戦い」前に語られる信長の心境
  • 「桶狭間の戦い」達成後。奇襲で義元を討ち、天下へと踏み出す
  • 戦国伝「墨俣一夜城」では美濃攻めに際、木下秀吉が難しい築城に挑戦
  • 戦国伝「家中統一」の冒頭、平手政秀が織田信長を心配して苦言を呈する
  • 戦国伝「美濃攻略」で発生する、織田家と浅井家の同盟に関する一幕
  • 戦国伝「美濃攻略」達成、沢彦はこの地を「岐阜」と名付けることを提案
  • 川中島の戦いの一幕
  • 毛利元就が3人の息子たちに、矢を例にとって結束することを説く
コーエーテクモゲームスは、コーエーテクモゲームスは、PlayStation 3/Windowsソフト『信長の野望・創造』の最新情報を公開しました。

『信長の野望・創造』は、今年30周年を迎えた歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズの最新作です。シリーズ14作目となる本作は、マップグラフィックやダイナミックな合戦、イベントなども大幅に進化。「新時代の創造」をコンセプトに、プレイヤーは戦国大名の1人となって采配をふるい、自らの手で新しい世界の創造を目指します。

■戦国時代をドラマティックに描く「戦国伝」
本作では、「戦国伝」と呼ばれるクエストが次々と発生するフリークエストシステムが導入されています。「戦国伝」を達成することでさまざまなイベントが発生し、歴史的な大事件から武将個人のエピソードまで、戦国時代の物語をムービーや多数のイベントによってドラマティックに演出します。

天下統一という大きな目標を遂げる過程で、プレイヤーが自由に取捨選択できる小目標となっており、「何をすればいいか」という指針となりますが、「戦国伝」をクリアしないデメリットも特にないので、自由にゲームを進めることも可能です。

【例】織田家イベント
織田家のイベントは、織田信秀の死後の家督争いから始まります。大うつけと呼ばれた若い頃の織田信長がいかにして天下を席巻していくかは、プレイヤー次第です。プレイヤー自身が創造する充実の歴史ドラマが、プレイヤーを歴史の世界へ誘います。

もちろん、武田武玄や上杉謙信を筆頭に、人気の高い大名家や武将たちにスポットを当てたイベントも数多く用意されています。イベントには会話シーンのみならず、ムービーを始めとした様々な演出があり、飽きることなくプレイを進められます。

また、プレイの指針として状況に応じて用意されるイベントや戦国伝も多く存在します。これにより中小大名家でのプレイにおいても目標を見失うことなく、一歩ずつ着実に天下を目指すことができます。

「戦国伝」を達成していくかはプレイヤーのプレイスタイル次第。戦国時代の歴史ドラマをより深く追体験したい人はぜひ「戦国伝」をプレイの指針にしてみてください。

『信長の野望・創造』は、2013年12月12日発売予定。価格は、PS3パッケージ通常版が9,240円(税込)、PS3ダウンロード版が8,000円(税込)、PS3「30周年記念TREASURE BOX」が13,440円(税込)、Windowsパッケージ通常版が10,290円(税込)、Windowsダウンロード版が8,900円(税込)、Windows「30周年記念TREASURE BOX」が14,490円(税込)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』発売日にアップデートを実施! 未適用だとオンラインサービスに制限─「プーギー」やギャラリー機能も追加

    『モンスターハンター:ワールド』発売日にアップデートを実施! 未適用だとオンラインサービスに制限─「プーギー」やギャラリー機能も追加

  2. 「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】

    「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】

  3. 『ドラゴンボール ファイターズ』第2弾TVCMを公開、鳥山明監修の「人造人間21号」が真の姿を見せる…!?

    『ドラゴンボール ファイターズ』第2弾TVCMを公開、鳥山明監修の「人造人間21号」が真の姿を見せる…!?

  4. 「どの『モンハン』が一番好き?」据え置き機編─シリーズ幕開けの初代から『ダブルクロス』までの歩みを振り返る【アンケート】

  5. 死に覚えゲー『仁王』動画コンテストの結果発表!―やり込み&失敗プレイに括目せよ!

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】『V!勇者のくせになまいきだR』ムスメさんとのスキンシップの様子は何だか事案っぽかった

  7. 『モンハン:ワールド』無料アプデで「イビルジョー」参戦!新モンスター「ドドガマル」など新情報公開

  8. 『モンハン:ワールド』公開生放送で初披露PVや新情報が! 「G級はどうなる?」気になる終了後インタビューも【レポート】

  9. 『モンハン:ワールド』テオ・テスカトル&クシャルダオラ続投!最新PVにて明らかに

  10. 【1/18更新】『真・三國無双8』登場武将や対応機種は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る