人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、平成26年3月期第2四半期決算を発表 ― モバイルゲーム、コンシューマが好調

ゲームビジネス その他

マーベラスAQL、平成26年3月期第2四半期決算を発表 ― モバイルゲーム、コンシューマが好調
  • マーベラスAQL、平成26年3月期第2四半期決算を発表 ― モバイルゲーム、コンシューマが好調
マーベラスAQLは、平成26年度3月期 第2四半期連結決算を発表しました。

売上高95億8500万円(前年同期比 21.3%増)、営業利益13億6500万円(前年同期比 23.5%増)、経常利益13億8500万円(前年同期比 35.6%増)、純利益8億6000万円(前年同期比 33.4%増)と増収増益となりました。

オンライン事業では、PCブラウザゲームの『ブラウザ三国志』をはじめとする主力タイトルがロングヒットを継続しているものの、市場規模の縮小傾向に伴うかたちで、収益面では前年同期を下回る結果になったとのこと。一方、モバイルゲームでは、『一騎当千バーストファイト』『閃乱カグラ NewWave』と前期から引き続き好調を維持しているタイトルに加え、平成25年9月に配信を開始した新規タイトル『ハイスクールD×D』が順調な立ち上がりとなっています。しかし、海外事業に関しては、上半期に北米で配信開始したタイトルが計画通りの成績を上げることができず、不採算タイトルとして一括償却を行ったとのことです。

コンシューマ事業では、平成25年5月に発売した『ヴァルハラナイツ3』(PS Vita)が順調な販売を記録。前期発売の『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』(PS Vita)、『朧村正』(PS Vita)等のリピート受注が好調に推移するとともに、その他の旧作リピート受注も収益に貢献しています。また、アミューズメント部門の「ポケモントレッタ」が稼働開始以来、好調を継続し、収益に大きく貢献したとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

  6. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  9. 京都信用金庫、マリオの絵柄の生体認証ICキャッシュカードを秋から提供

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る