人生にゲームをプラスするメディア

参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も

その他 フォトレポート

参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
  • 参戦7機体を、60枚を超える画像と共に紹介 ─ 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』EXVSシリーズ初参戦となる機体も
バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、参戦する機体を新たに7機公開しました。

シリーズ史上最大の参戦作品数を誇り、プレイアブルMSも最多となる90機以上を誇る、『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』。進化したEXシステムにより、爽快でより高度な駆け引きが楽しめる最新作は、充実したネットワーク機能に加え家庭用ならではの新要素も搭載した、まさに極限進化に相応しい一作として多くの期待を集めています。

数多い参戦期待が魅力のひとつである本作は、これまでも数多くのMSの登場を明かしましたが、このたび更にEXVSシリーズ初参戦となる「ガンダムシュピーゲル」など7機のプレイアブルMSが、多数のスクリーンショットとともに正式公開されました。武装や機体特徴なども判明しているので、こちらで紹介させていただきます。

■機体名:ガンダムシュピーゲル
原作名:機動武闘伝Gガンダム
コスト:2000
パイロット名:シュバルツ・ブルーダー
戦闘BGM:FLYING IN THE SKY
メイン射撃:メッサー・グランツ
格闘:シュピーゲル・ブレード
サブ射撃:アイアン・ネット
特殊射撃:ライジングガンダム 呼出
特殊格闘:シュトゥルム・ウント・ドランク「移動」
バーストアタック:シュトゥルム・ウント・ドランク「分身攻撃」

機体特徴:
優秀な格闘攻撃と高い機動力を活かしたヒット&アウェイ戦法が得意な2000コストの格闘機体。
格闘攻撃は動きが素早いものが多く、ヒットした後の選択肢も豊富なので積極的に狙っていこう。
格闘を決めるための布石も、相手の機動力を低下させるサブ射撃、広範囲に爆風攻撃を仕掛けるチャージ射撃、一瞬で急接近する特殊格闘など
数多く揃っている。気配を殺して相手に接近し、変幻自在の動きで敵を圧倒しよう。



■機体名:ゴッドガンダム
原作名:機動武闘伝Gガンダム
コスト:2500
パイロット名:ドモン・カッシュ
戦闘BGM:FLYING IN THE SKY,燃えあがれ闘志忌まわしき宿命を越えて
メイン射撃:爆熱ゴッドフィンガー「照射」
格闘:格闘
サブ射撃:風雲再起 呼出
特殊射撃:ゴッドフィールドダッシュ
特殊格闘:爆熱ゴッドフィンガー
バーストアタック:ノーベルガンダム 呼出/石破ラブラブ天驚拳

機体特徴:
圧倒的な破壊力を持つ格闘攻撃と、格闘に繋げるための武装を兼ね備えた2500コストの格闘機体。
モビルファイター特有の高い機動力を活かして接近し、メイン射撃などから格闘攻撃を狙っていこう。
今作では、ゴッドフィールドダッシュからのゴッドスラッシュなどが追加され、前作以上に幅広い攻撃を展開することが出来るぞ。
新たに加わった、ノーベルガンダムとのコンビネーションによるバーストアタックも必見だ。



■機体名:ガンダムF91
原作名:機動戦士ガンダムF91
コスト:2000
パイロット名:シーブック・アノー
戦闘BGM:君を見つめて
メイン射撃:ビーム・ライフル
格闘:ビーム・サーベル
サブ射撃:ヴェスバー
特殊射撃:ビギナ・ギナ 呼出
特殊格闘:M.E.P.E.
バーストアタック:武装切替攻撃

機体特徴:
高い回避力と、高火力の射撃武装を併せ持つ、2000コストの射撃寄り万能機体。
ビーム・ライフルやヴェスバー、アシスト機体のビギナ・ギナも絡めた射撃攻撃が使いやすく非常に強力だ。
また、M.E.P.E.は発動中は相手の攻撃を避け続けられるうえに機体の爆発力もあがるので、活躍のチャンス。
相手がEXバーストを発動しているときなどにうまく使用して、逆に追い返してやろう。



■機体名:ベルガ・ギロス
原作名:機動戦士ガンダムF91
コスト:1000
パイロット名:ザビーネ・シャル
戦闘BGM:君を見つめて
メイン射撃:ヘビーマシンガン
格闘:ビーム・サーベル
サブ射撃:ショットランサー「ランス射出」
特殊射撃:シェルフ・ノズル
特殊格闘:デナン・ゾン 呼出
バーストアタック:貴族主義の旗を掲げよ!

機体特徴:
ショットランサーを筆頭に相手をスタンさせる武装を数多く持ち、近距離での立ち回りが強みの1000コスト万能機体。
ヘビーマシンガンでけん制しつつ、サブ射撃のショットランサーや特殊射撃のシェルフ・ノズルを狙っていこう。
今作では、アシスト機体のデナン・ゾンからもショットランサーを発射するアクションが追加され、より回避困難な連携攻撃を仕掛けられるぞ。



■機体名:ガンダムエクシア
原作名:機動戦士ガンダムOO
コスト:2000
パイロット名:刹那・F・セイエイ
戦闘BGM:泪のムコウ
メイン射撃:GNソード・ライフルモード
格闘:GNソード
サブ射撃:GNビームダガー
特殊射撃:GNアームズ 呼出
特殊格闘:GNソード「回転斬り」/踏みつけ
バーストアタック:GNアーマーTYPE-E

機体特徴:
高い機動力と、素早い格闘攻撃による奇襲戦法を得意とする、2000コストの格闘寄り万能機体。
使いやすいメイン射撃や、移動しながら攻撃できるサブ射撃など、十分な射撃性能は揃っているのでそれらでけん制しつつ
相手の注意がこちらから外れた瞬間を見逃さず、一気に接近して格闘攻撃を狙っていこう。



■機体名:ガンダムスローネドライ
原作名:機動戦士ガンダムOO
コスト:2000
パイロット名:ネーナ・トリニティ
戦闘BGM:泪のムコウ
メイン射撃:GNハンドガン
格闘:GNビームサーベル
サブ射撃:スローネアイン 呼出
特殊射撃:スローネツヴァイ 呼出
特殊格闘:GNステルスフィールド
バーストアタック:死んじゃえばいいよ!

機体特徴:
特殊格闘のGNステルスフィールドを駆使して味方を援護していく、2000コストの射撃寄り万能機体。
GNステルスフィールドは、展開中の自機の動きが制限される代わりに、味方が受けるダメージを下げつつ、味方への攻撃の誘導を無効化する効果を持つ。
味方がピンチな時や、EXバーストを発動してチャンスのときなど、要所で展開して援護していこう。
アシスト機体のスローネアインとスローネツヴァイは、射撃攻撃を防ぎつつ攻撃してくれる心強い仲間だが、リロード時間が長いので気をつけよう。



■機体名:∀ガンダム
原作名:∀ガンダム
コスト:3000
パイロット名:ロラン・セアック
戦闘BGM:ターンAターン、Final shore~おお、再臨ありやと
メイン射撃:ガンダムハンマー
格闘:ビームサーベル
サブ射撃:ビームライフル「連射」
特殊射撃:カプル 呼出
特殊格闘:巴投げ/シールドアタック/ビームサーベル「突き」
バーストアタック:月光蝶

機体特徴:
多種多様な格闘攻撃と、メイン射撃のガンダムハンマーを中心とした近距離戦が得意な、3000コストの格闘機体。
射撃武器も持つものの、足が止まってしまうので射撃だけでは勝つことは難しいだろう。
高い耐久値を活かして接近し、特殊格闘に新たに加わった格闘攻撃を利用して、相手チームにプレッシャーを与えよう。


「機動戦士ガンダムF91」「機動戦士ガンダムOO」「機動武闘伝Gガンダム」「∀ガンダム」からそれぞれ、主役級のMSから1000コストのベルガ・ギロスまで、多様性に富む発表となりました。しかも「ガンダムシュピーゲル」は、『EXTREME VS.』シリーズに初参戦となる機体。本作でどのような活躍を見せてくれるのか、今から楽しみですね。

累計で30を越すMSが公開されましたが、総登場数を考えると、まだ氷山の一角に過ぎません。この後も続くであろう更なる情報公開に期待を寄せながら、本作の発売日を心待ちにしましょう。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、2014年1月30日発売予定。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに7,980円(税込)、期間限定生産版プレミアムGサウンドエディションのパッケージ版・ダウンロード版ともに10,980円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  3. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  4. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  5. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  9. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

アクセスランキングをもっと見る

1