人生にゲームをプラスするメディア

時空を超えて起こす、課長の小さな奇跡の物語 ─ 「ゲームセンターCX THE MOVIE」ティザービジュアル解禁

その他 全般

ティザービジュアル解禁
  • ティザービジュアル解禁
  • チラシの裏面
劇場版「ゲームセンターCX THE MOVIE」の公開が2014年2月に決定し、ティザービジュアルが解禁となりました。

CS放送フジテレビONEにて放送中の大人気番組「ゲームセンターCX」は、今年で10周年迎え、それを記念した5大プロジェクトのトリを飾る劇場版「ゲームセンターCX THE MOVIE」は、2014年2月に新宿バルト9ほか全国劇場公開が決定。またティザービジュアルが解禁され、本作の一端が明らかとなりました。

これまで謎のベールに包まれていた本作ですが、このたびティザービジュアルが公開。そこには「課長、銀幕デビュー」という印象的なコピーと共に、スポットライトに照らされた有野課長の姿が浮かび上がっており、人の目を惹きつける存在感を放っています。

これまで、観客を前に様々なイベントでプレイを見せた有野課長ですが、このビジュアルに記されている「課長の挑戦が時空を超えて小さな奇跡を起こす」というコピーから、番組で人気を集めている有野課長の挑戦が、劇場版では更なるスケールアップをしたドラマを描いてくれる予感を覚えさせてくれます。

番組プロデューサーであり、この映画を企画した菅プロデューサーからコメントが届いているので、そちらも併せてご覧ください。

■菅プロデューサー コメント

・本作に関して
先日、映画が完成しました。あのゲーム挑戦を知らない方は手に汗を握るリアクション、知っている者はドラマとの融合に驚き、改めて「奇跡」に感動させられたのです。80年代。あの頃夢中になったファミコンソフトに20年の時を経て挑戦する有野課長、魅せるプレイにハラハラドキドキ一喜一憂させられます。そして、当時の中学生のリアルな日常が描かれたドラマ部分は甘酸っぱく胸に迫ってくるでしょう。早く見て欲しいですね。

・チラシに関して
このチラシを映画館で見つけたら個人的にもテンション上がるだろうな。ゲームセンターCXの映画化を大々的に打ち出し、ドヤ顔の課長を据えたオモテ面。“80年代のファミコン映画”を伝えるウラ面との対比も注目です。ファミコン青春時代のお父さんには懐かしく、ファミコンを知らないお子さんには新鮮に楽しい作品に仕上がりました。ご期待ください!


本作はもちろんのこと、解禁となったティザービジュアルを前面にあしらったチラシの仕上がりにも自信を覗かせます。またコメントにあるチラシの裏面の画像も公開されているので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

人気バラエティ番組の映画化という、想像もつかない展開を実現させた「ゲームセンターCX」。番組内では有野課長による挑戦が、そして番組そのものによる新たなる挑戦が、この10周年を迎えた後も続くことでしょう。

劇場版「ゲームセンターCX THE MOVIE」:2014年2月公開
企画・製作プロダクション:ガスコイン・カンパニー
配給:シンカ ハピネット
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  4. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  5. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

アクセスランキングをもっと見る