人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、ファンからの質問に青沼プロデューサーが回答

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』プロデューサーの青沼英二氏が、ファンたちから募った質問に答えました。

任天堂 3DS
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、ファンからの質問に青沼プロデューサーが回答
  • 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、ファンからの質問に青沼プロデューサーが回答
  • 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、ファンからの質問に青沼プロデューサーが回答
  • 魔術師風の謎めいた新キャラクター
  • 『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』海外版パッケージ
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』プロデューサーの青沼英二氏が、ファンたちから募った質問に答えました。

これは英国任天堂がFacebookで行ったもので、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』についての質問をファンたちから募集し、それに青沼氏が答えるといった企画です。
アップグレードにおすすめの武器からはじまり、マザーマイマイまで、様々な質問が寄せられ、いずれにも青沼氏は丁寧に答えていました。

――『神々のトライフォース2』ではプレイヤーが武器をアップグレードできますが、どの武器をアップグレードするのがおすすめですか?

青沼氏:私のおすすめは弓です。弓をアップグレードすると3本の矢を同時に射ることができますが、射線が扇形に広がるため普通の弓で1本の矢を射るより敵に当たりやすくなります。しかし3本の矢を同時に射るには、1本よりもさらに多くのエネルギーゲージを使用することになります。プレイに夢中になりすぎて矢を発射しすぎたら、しばらくの間は何もできなくなるので注意してください。

――『神々のトライフォース』から多くの要素が取り入れられていると思いますが、どんな風にそれらを決めましたか?

青沼氏:フィールドに出現するほとんどの敵は今作でも引き続き登場します。敵との戦闘は『神々のトライフォース』と同じにしたら面白いのではないかと考え、前作の世界を非常に近い形で3Dで再構築しました。しかし3D効果によりゲームプレイに高さという概念が加わるため、いくつかの攻撃には変更を加えています。
また、前作のキャラクターのうち数人が今作でも登場します。
中でも注目は、サハスラーラ。年長者としての知識をもって、今回もリンクを冒険の中で助け、そして導きます。

――プレイヤーは好きな順にダンジョンを攻略することができるそうですが、あるダンジョンを最初に攻略した人と、一番最後にとっておいた人では、どちらも同じように楽しむことができますか?

青沼氏:各ダンジョンにはそこで使用しなければいけないアイテムというものが存在しますが、どれからやれば攻略しやすいとか、決まった手順があるわけではありません。しかし、普通の物ではなく、もっと特別なアイテムを使用することにより、ダンジョンを攻略しやすくなるというケースはあります。
また、個人のスキルも反映されるため、様々な方法でトライすることによりゲームプレイが最高に楽しくなります。

――今作の悪役であるユガの由来を聞かせてください。

青沼氏:ユガという名前は日本語の「油画」から来ており、油絵を意味しています。彼は人々を絵画に変える能力を持っているためこのように名付けられました。
彼のキャラクターコンセプトは「狂った芸術家」で、男とも女とも判別つかないクレイジーなキャラクターにしました。
『スカイウォードソード』のギラヒムに近く、尊大さがさらに誇張されています。

――マザーマイマイとは誰?どうして彼女の赤ん坊たちがハイラルやローラルのあちこちに散らばっているのですか?

青沼氏:マザーマイマイは謎に包まれています。実は私も彼女のことは完全にわかっているわけではありません。彼女はハイラルとローラル両方に存在し、両方の世界を行き来する能力があるため、他のキャラクターとは少し異なった存在です。そのため、我々は彼女をエイリアンのような外見にしようと決めました。もし全てのマイマイを助け出したら、彼女のことがもう少しわかるかもしれませんのでぜひ頑張ってください。

最後に青沼氏は、多くのファンが『ムジュラの仮面』をニンテンドー3DSでリメイクしてほしいと望んでいることに言及。同タイトルに対してこのような大きな反響があることは嬉しく思っており、その世界でのリンクの冒険を忘れたわけではないことを強調しました。

そして『神々のトライフォース2』をプレイすれば、もしかするとそれを理解できるかもしれないと語っています。

3DSソフト『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』は12月26日発売。価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに4,800円(税込)です。

(c) Nintendo.
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  7. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  8. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  9. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  10. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

アクセスランキングをもっと見る