人生にゲームをプラスするメディア

【NYコミコン】任天堂やカプコンなども出展!熱気に溢れる現地の様子を写真でご紹介

その他 フォトレポート

人が溢れるNYコミコン会場を上からパチリ
  • 人が溢れるNYコミコン会場を上からパチリ
  • ジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センター
  • NYコミコン入り口
  • 『コールオブデューティ』ブース
  • カプコンブース
  • 『ストライダー飛竜』が目立ってました
  • 『逆転裁判5』
  • コンパニオンのお姉さんに大剣と双剣を持ってポーズをとってもらいました
先週ニューヨークで開催された、東海岸最大規模のポップカルチャーのイベントNYコミコン。会場の様子を写真で紹介したいと思います。

NYコミコンは、10月10日~13日に米国ニューヨークにある ジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで開催されました。
アニメやゲーム、コミックスなどが一同に集まるお祭りで、日本のメーカーも多数出展。
あらかじめ会場の収容可能人数に合わせ入場チケットが販売されていますが、当日はそれも全て完売してしまい、会場内は全米から訪れた人々でごった返していました。


会場内を上から撮影。


こちらは入場パスチェック後の会場入り口。かなり天井が高いです。


入場口すぐのところには、看板から飛び出してきたようなジープの存在感が目を引く『コールオブデューティ』のブースが。


そして、NYコミコンのバナーをくぐり会場の中に入っていくと、カプコンのブースにご対面。

カプコンブースでは『ストライダー飛竜』や『逆転裁判5』、『Monster Hunter 3 Ultimate(モンスターハンター3G)』が中心となっており、いずれも試遊できるスペースが用意されていました。
また、「モンハンラウンジ」も併設されており、3DS版でのリアル集会所体験や、Wii U版のデモなどをプレイできるほか、カプコンのスタッフが希望者にモンスターの倒し方をマンツーマンでレクチャーする姿も。


写真奧の右側の試遊台ではカプコンスタッフが双剣使いの少年に、対ジンオウガのレクチャーを行っていました。

さらに、ゲームに登場する大剣や双剣を持っての記念撮影も可能で、訪れたハンターたちが思い思いのポーズを決めて写真に収まっていました。


写真撮影担当のコンパニオンのお姉さんに武器を持ってポーズを撮ってもらいました!


任天堂ブースは、マリオたちが描かれたバナーがひときわ目立っており、遠くからでも一目瞭然。

ブース内にはWii Uやニンテンドー3DS、2DSの試遊台が設置されており、発売日がちょうどコミコン開催中だった『ポケットモンスター X・Y』などを始めとする人気ソフトがずらり。こちらもかなり混雑していました。
また、販売コーナーがブース隣に併設されており、3DS本体やソフト、キャラクター商品などが購入できました。

ほかにもアメコミの本場らしくMarvelやDCコミックも出展しており、限定アイテムを求める人などが列を作る光景も。
また、様々なコスプレやキャラ物グッズはもちろん、ゲームなどに登場する武器などが売られているリアル武器屋など、日本ではあまり見ないようなショップも多数出展していました。


アメコミヒーローになれちゃうパーカーやTシャツなどを販売していたショップ。こういうのは日本ではあまり見ないですね。

なお、任天堂ブースの詳細や コスプレの様子などは、のちほど別途レポートしたいと思います。
《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  3. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  4. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  5. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  9. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

アクセスランキングをもっと見る

1