人生にゲームをプラスするメディア

テレビにファミコンが内蔵されたシャープの「ファミコンテレビC1」、発売から30年経ち15万円を超える

マイコンピュータテレビC1は、シャープと任天堂の共同開発により誕生した、ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)を内蔵しているテレビ。

その他 全般
こちらが、出品されたマイコンピュータテレビC1
  • こちらが、出品されたマイコンピュータテレビC1
マイコンピュータテレビC1は、シャープと任天堂の共同開発により誕生した、ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)を内蔵しているテレビ。

ファミコンが発売された1983年にC1もリリースされているので、ファミコンと同じく今年で生誕30周年を迎えます。またその特性から、「ファミコンテレビ」として呼ばれることも多々あります。

C1は、その稀少度もさることながら、通常のファミコンでは対応されていなかったRGBによる接続を行っており、RFやコンポジットよりも遥かに優れた画質を楽しむことができるという大きな魅力を持ち合わせいたため、現在に至るまで高い人気を獲得し続けています。

その支持の根強さは、先日「ヤフオク!」にて行われたオークションでも発揮される形となりました。当時定価93,000円で発売された「14C-C1F・W・R」(14型テレビ、コントローラー付)が、開始時価格5,000円で出品されると、1件目の入札が20,000円とまず跳ね上がり、その後も時間経過と共に値がつり上がっていきます。

終了を4時間後に控えた時点での入札価格は80,000円ほど。この時点で、30年前に発売された定価に近い値を付けていますが、オークションはここからが本番。終了1時間前には130,000円に届き、最終的には152,200円という定価の1.5倍を超える落札となりました。

その少し前にもC1の出品がもう一件あり、コントローラー1が欠品しながらも130,210円での落札と、こちらも余裕の定価超え。時代を経てもなお、高い評価受けるC1を欲しがる声は、まだまだ止むことはなさそうです。

(C) 2013 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  3. 「お稲荷JKたまもちゃん!」のキャラは実在する?―吉田輝和がゲーム雑談しつつユウキレイ先生に色々訊いた!【漫画特集】

    「お稲荷JKたまもちゃん!」のキャラは実在する?―吉田輝和がゲーム雑談しつつユウキレイ先生に色々訊いた!【漫画特集】

  4. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  5. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  6. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

  8. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  9. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

  10. 100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

アクセスランキングをもっと見る