人生にゲームをプラスするメディア

カナダのインディースタジオが『モンスターハンター』クローンなPC向け3Dアクション『Canto』を開発中

『Canto』は、PC向けに開発中の3人称視点の3Dファンタジーアクションゲーム。プレイヤーが巨大なクリーチャーと戦うことにフォーカスしたタイトルで、オフラインの1人ソロプレイに加え最大4人によるCo-opモードも搭載。

その他 全般
カナダのインディースタジオが『モンスターハンター』クローンなPC向け3Dアクション『Canto』を開発中
  • カナダのインディースタジオが『モンスターハンター』クローンなPC向け3Dアクション『Canto』を開発中
  • カナダのインディースタジオが『モンスターハンター』クローンなPC向け3Dアクション『Canto』を開発中
最新作が国内で300万本セールスを突破するなど相変わらずの人気っぷりを見せつけた『モンスターハンター』ですが、同シリーズに非常に良く似た3Dアクションゲーム『Canto』がここ数日いくつかの海外メディアに取り上げられ注目を集めているようです。

『Canto』は、PC向けに開発中の3人称視点の3Dファンタジーアクションゲーム。プレイヤーが巨大なクリーチャーと戦うことにフォーカスしたタイトルで、オフラインの1人ソロプレイに加え最大4人によるCo-opモードも搭載されています。ゲームにはフィールドから集めた素材や資源で武器、装備、アイテムを作り上げるクラフトシステムも搭載。つまり公式サイトの文章を読む限りでは、完全な『モンスターハンター』クローンと見て差し支えなさそうです。



一方PC向けに開発が進められているとだけあって、ビジュアルはなかなか目を引くものがあります。『Canto』を開発しているカナダのインディースタジオTetrahedral Interactiveは、ハイパフォーマンスなタイトルに向けたゲームエンジンや開発ツールなどに特化した人員らが在籍しており、過去には『Need for Speed』や『EVE Online』、『Sleeping Dogs』などのタイトルに携わったスタッフも居るそうです。同スタジオは2012年に設立されたばかりとなっていますが、高品質なグラフィックのワケも頷けます。

ただ現時点では完全な『モンスターハンター』クローンと化してしまっており、今後システムやメカニック面で違いが出せるか注目したいところ。『Canto』の発売時期は未定ですが、今週中にもプレイヤーアニメーションに関する情報が公開される予定となっているようです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

    『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  2. セガハード3種がモチーフになった「microSDHCカードセット」10月29日発売!予約受付は本日13日から

    セガハード3種がモチーフになった「microSDHCカードセット」10月29日発売!予約受付は本日13日から

  3. 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

    『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

  4. メガドラ風カラーを採用した数量限定の『レトロフリーク』が12月下旬に登場!

  5. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  6. ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

  7. 「セガサターン体組成計」の再販が開始!メガドライブモデル&ドリームキャストモデルの商品化も決定

  8. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  9. 爆乳湯切り!爆乳ピンボール!『閃乱カグラ』新作発表会はやはり爆乳尽くし―セクシーすぎてYouTubeでは配信停止に

  10. 類似ゲームのサバイバル。そしてメガドライブ復活!【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る