人生にゲームをプラスするメディア

英国任天堂が大手スーパーTescoと協力しWii U認知度アップを目指す、Wii U大型アップデート「4.0.0J」配信開始、PS4予約受付開始 ― ネットもアクセス集中、など…先週のまとめ(9/30~10/6)

Wii Uの大型アップデート実施に、予約が開始されたPS4と、次世代機の話題も飛び出し、いっそうゲームニュースが華やかな一週間でした。ポイントを押さえたい方から振り返りたい人までこちらをどうぞ、「先週のまとめ」。9月30日から10月6日の注目記事をご紹介します。

任天堂 Wii U
Wii Uの大型アップデート実施に、予約が開始されたPS4と、次世代機の話題も飛び出し、いっそうゲームニュースが華やかな一週間でした。ポイントを押さえたい方から振り返りたい人までこちらをどうぞ、「先週のまとめ」。9月30日から10月6日の注目記事をご紹介します。

「Wii Uには大きな誤解があった」―英国任天堂が大手スーパーTescoと協力、Wii U認知度アップを目指す
海外でも活発な動きを見せるWii U。

Wii U大型アップデート「4.0.0J」配信開始 ─ Wiiソフトの映像をGamePadに出力、USBキーボード対応、サウンド出力先を選択可能に、など
Twitterなどへの画像投稿も手軽に行えるようになりました。

「ポケモンキッズXY」発売決定、豪華プレゼントが当たる「ポケモンはじめようキャンペーン」もスタート
キャンペーン第1弾は、2013年12月31日までとなっております。

【Nintendo Direct】『進撃の巨人~人類最後の翼~』主要キャラごとのストーリーモードと、オリジナルキャラを育成して協力プレイができるモードが発表
オリジナルのキャラクターを作成するモードでは、最大4人までの協力プレイが楽しめます。

『MH4』購入者はあと1本でOK ─ 「ニンテンドー3DSソフト 2本買うと“もれなく”もう1本プレゼントキャンペーン」
同様に『ポケモンX・Y』購入予定の方も、他にあと1本購入するだけでゲットできます。

『ポケットモンスターX・Y』身体は黒く、炎は青く変化したメガリザードンのもう1つの姿が明らかに
その勇姿を画像でもご確認ください。

マンガでわかる!PlayStation Plus
「サービス内容が今ひとつ分からない」という方へ特にお勧めします。

『ポケットモンスターX・Y』、2週間待ちの列をつくる熱狂的なポケモンファンが海外に出現
今回の最新作も、多くの人を楽しませてくれることでしょう。

注意:CGではありません!水を使った奇跡の海外ファンアートに「ピーチ姫」が登場
この完成度の高さは、まさに驚異の一言。

PS4予約受付開始!ヨドバシAkibaには雨の中100名以上が集まる ― ネットもアクセス集中、既に受付終了するサイトも
好調な滑り出しを見せるPS4。今後の活躍にも注目が集まることでしょう。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

    「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  2. カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

    カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

  3. スイッチ版『Diablo III: Eternal Collection』の本体バンドルが海外発表! 専用キャリングケースも付属

    スイッチ版『Diablo III: Eternal Collection』の本体バンドルが海外発表! 専用キャリングケースも付属

  4. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 『スマブラSP』戦闘中にステータスを変える「シュルク」―今回は好きなモードに即変更が可能!

  8. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  9. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  10. “本気のオタク”であれ――『ファミスタ』プロデューサーが語るゲーム業界を目指す人の心構えとは

アクセスランキングをもっと見る