人生にゲームをプラスするメディア

アーケードを席巻する『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』ついにPS3上陸! ─ 2014年発売

バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』を2014年にリリースすると発表しました。

ソニー PS3
『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』がPS3に!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』がPS3に!
  • 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』メインビジュアル
バンダイナムコゲームスは、PlayStation3ソフト『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』を2014年にリリースすると発表しました。

全国のアミューズメント施設で好評稼働中の『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、歴代ガンダム作品のモビルスーツが多数入り乱れるアクションゲームであり、手に汗握る激戦と高度な駆け引きが多くのユーザーを虜にし、今日に至るまで愛され続ける人気タイトルです。

その『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』が、このたびPlayStation3ソフトとして2014年に発売されることが決定しました。PS3でのリリースにあたりネットワーク機能が強化され、「アーケードモード」ではオンライン協力プレーが可能なコースが追加されるなど、自宅にいながらにして友達や全国のユーザーと共に、本作の魅力を存分に味わうことができます。

また本作には、数多くのガンダムシリーズ28作品から、90機を越す操作可能モビルスーツが登場。参戦作品や参戦モビルスーツ数は『機動戦士ガンダム VS.』シリーズ最多となり、やり応え満点のボリュームとなっています。またこの他にも、PS3版ならではの新機能、新要素が実装予定となっているので、どうかお楽しみに。

そして、カスタムサウンド 機能を使って、アーケード版に未収録の、歴代ガンダム作品の主題歌やゲームオリジナル楽曲など計35曲を加えて楽しめる期間限定生産版「機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST プレミアム G サウンドエディション」の同時発売も予定されています。戦闘のBGMに多数の歴代ガンダム作品の主題歌を採用している点も本シリーズの特徴のひとつですが、この期間限定生産版は、その魅力を更に増幅してくれることでしょう。

これまでに、家庭用ゲームソフトとしても8作品、総計480万本もの出荷本数を記録している『機動戦士ガンダム VS.』シリーズの最新作となる、『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』。アーケードから家庭に戦場の場を移し、どのような進化を成し遂げるのでしょうか。続報に期待が寄せられます。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』は、2014年発売予定。価格は未定です。

(C)創通・サンライズ
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

    PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  2. 『原神』Ver.2.8で「ウィークリー任務(紀行)」に嬉しい調整!アプデ前の“クリア状況”が引継ぎに

    『原神』Ver.2.8で「ウィークリー任務(紀行)」に嬉しい調整!アプデ前の“クリア状況”が引継ぎに

  3. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  4. 【実体験】PS5が壊れた時の修理の流れと、壊れる前にしておくと良いこと

  5. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  6. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  7. 『サイバーパンク2077』街中で見かけた気になる日本語12選! 相撲や四字熟語も溶け込んでいるぞ

  8. 『イースIX -Monstrum NOX-』物語のカギを握る「アプリリス」や新キャラクター達が公開!シリーズとのデータ連動特典も

  9. 『Days Gone』オレゴン州の美しい自然が見られるスポット12選

  10. 『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』イラストグランプリ作品募集開始!

アクセスランキングをもっと見る