人生にゲームをプラスするメディア

『すれちがいMii広場』デザインのニンテンドープリペイドカードが販売開始 ― 1500円のカードは初

任天堂は、『すれちがいMii広場』で遊べる4つのゲームをモチーフにした新デザインのニンテンドープリペイドカードを販売開始しました。

任天堂 3DS
『すれちがいMii広場』デザインのプリペイドカード
  • 『すれちがいMii広場』デザインのプリペイドカード
  • 4つのゲームに登場するキャラが描かれています
  • 『すれちがいMii広場』デザインのニンテンドープリペイドカードが販売開始 ― 1500円のカードは初
  • 1500円のプリペイドカードは初
任天堂は、『すれちがいMii広場』で遊べる4つのゲームをモチーフにした新デザインのニンテンドープリペイドカードを販売開始しました。

6月18日より『すれちがいMii広場』で遊べるようになった『すれちがいシューティング』『すれちがいガーデン』『すれちがい合戦』『すれちがい迷宮』は、『ニンテンドーeショップ』ではなく『すれちがいMii広場』内から直接購入と言う特殊な販売方法となっていて、よゐこを起用したTVCMもオンエアしたり、店頭でチラシを配布するなど、任天堂のダウンロードソフトとしてはかなり力を入れた展開を見せています。

任天堂が新たな販売拡販として打ち出してきたのは、4つのゲームに登場するキャラクターが描かれたニンテンドープリペイドカード。価格は4つのゲームが丁度変える1500円のカードになっていて、これまで発売されてきたニンテンドープリペイドカードの中ではイレギュラー的な存在に。カード台紙には「通常1本500円の所4本まとめ買いすると1500円で買える」と言う情報がが記載されており、店頭で露出させることで販売拡販を狙う戦略のようです。

もちろんこのカードはダウンロードカードではなく、普通のニンテンドープリペイドカードなので、他のソフトやコンテンツを購入する用途にも使えます。気になる方は店頭で手に取ってみてはいかがでしょうか。

(C)2013 Nintendo
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

アクセスランキングをもっと見る