人生にゲームをプラスするメディア

オートデスク、モバイルゲーム開発向け3Dアニメーションツール「Maya LT」を新発売

ゲームビジネス その他

オートデスク、モバイルゲーム開発向け3Dアニメーションツール「Maya LT」を新発売
  • オートデスク、モバイルゲーム開発向け3Dアニメーションツール「Maya LT」を新発売
  • オートデスク、モバイルゲーム開発向け3Dアニメーションツール「Maya LT」を新発売
オートデスクは、モバイルゲーム開発における利用を想定したMayaの新バージョンとして「Maya LT」をリリースしました。急速に拡大するモバイルゲーム市場に向けてデベロッパーの新規参入が相次いでいる中で、高機能で高価なMayaの導入には二の足を踏む企業へのアプローチを目指します。

Maya LTでは基本的なUIやワークフローはMayaを踏襲しながら、シンプルに再デザインされています。肝となるモデリング機能はMayaとほぼ同等です。一方で制限事項としてはファイル形式がFBXとMaya LTネイティブファイルのみの書き出しに制限されているほか、出力できるモデルのポリゴン数が2万5000ポリゴンまでとなります。ただし、モバイルゲーム開発では十分なものでしょう。

また、マテリアルやライトはゲームに特化したもののみが提供され、レンダリングは「Turtle」と呼ばれるGIベースのレンダラーでのテクスチャベイキングのみに対応します。プラットフォームはPCおよびMacのみをサポートし、Linuxは非対応です。

オートデスクとしては初めてレンタルプランが導入され、月々7000円から利用することができます。通常ライセンスはベーシックサポート付きで11万1000円から。既に日本を含む世界各国で販売開始されていて、今月開催される東京ゲームショウでは「インディーズゲームフェス」でデモも行われる予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  5. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  9. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  10. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

アクセスランキングをもっと見る