人生にゲームをプラスするメディア

お母さんゲーマーが増加中、「家族の絆」の中心的存在にも

ゲームビジネス その他

昨今の母親の多くは習慣的にゲームを楽しんでいることが、ESA(Entertainment Software Association)の研究報告で明らかになっています。

米調査会社のNPDグループが今回、ESAのために行った調査は18歳以下の子供がいる18歳以上の母親2,500人を対象に実施され、そのうちの約75%の母親が週に1回以上はゲームを習慣的にプレイしていて、38%は毎日ゲームに接しているという調査結果を導き出しています。

この「お母さんゲーマー」の65%はスマーホンか携帯端末をメインのプラットホームとしてゲームを楽しんでいることから、いわゆるスマホの普及がお母さんゲーマーの増加を後押ししている実態が見えてきています。

お母さんゲーマーの増加は一方で「ゲームによる新たな家族の絆を生み出している」と、ESA代表のMichael D. Gallagher氏は言及し、ゲームが家族の結束に役立っていることを指摘しています。

他にもESAは今回の調査で下記のことが明らかになったとしています。

・5歳から12歳の子供を持つお母さんゲーマーの30%は、ゲームが子供との結びつきの接点になっていると回答。

・お母さんゲーマーの56%は、ゲームは家族全員で楽しむ余暇活動だと回答。

・お母さんゲーマーの32%は、ゲームは脳の認識能力を高めるものであると回答。

・お母さんゲーマーの71%は、子供がプレイしているゲームの内容をチェックしていると回答。

今回の研究報告を受けて、学習と人間関係の向上のための新たなモデルを研究するNPO機関のKatie Salen氏は「ゲームは母親と子供双方にとって共に学ぶ機会を提供する素晴らしいものです」と語っています。

この研究で「家族の絆」の鍵を握っているとみなされたお母さんゲーマーたちの役割に、今後ますます注目が集まりそうです。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  3. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  9. ゲーム業界に就職するために学ぶべきスキルとは?−CESAが調査結果を発表

  10. 『Rez』『ルミネス』の水口哲也氏、キューエンタテインメント取締役を退任

アクセスランキングをもっと見る