人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法

CEDEC2013において、ディー・エヌ・エーの取締役である小林賢治氏が「自社の強みを最大限レバレッジする方法」というテーマで講演を行いました。

ゲームビジネス その他
【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
  • 【CEDEC 2013】自社の強みを生かして市場に取り組むには ― スマホ時代に、自社の強みを最大限レバレッジする方法
CEDEC2013において、ディー・エヌ・エーの取締役である小林賢治氏が「自社の強みを最大限レバレッジする方法」というテーマで講演を行いました。

小林氏は、ここ数年のソーシャルゲーム市場はメガヒットアプリが牽引しているように見えるが、各社の決算を見ると息の長いブラウザゲームも収益を上げていると説明しました。これは、爆発的な成功を秘めたアプリと、底堅い収益性を維持するブラウザが両立していると言うことで、小林氏は「今のソーシャルゲーム市場はおいしいと思います。こうした市場に関われるというのはとてもラッキーだと思わないといけないですね」と強く語りました。

ただ、現在のソーシャルゲームの多くは「惜しい」と感じるものが多いと言います。ランキングのトップにあるのは大規模なプロモーションをしている大手のタイトルばかりで、実際にプレイしてみたら面白いゲームも埋もれてしまっています。プロモーションの方法も今は複雑になり、闇雲にお金を使っても効果的にユーザーを獲得するに至らないこともあります。

また、ゲームの運営についても、ユーザーの把握がきちんと出来ていないために、収益が上がらないパターンが見受けられるとのこと。とても叶わないようなボスモンスターが出てきて一撃でやられてしまうなど、バランスが悪ければ多くのユーザーは離れてしまいます。

これを防ぐためには、ユーザーのタイプを分析し、その結果を基に運用することが大事だと小林氏。実際に、ローンチから時間が経って収益が伸びた2タイトルを紹介し、運用の大切さを語りました。

しかしながら、現在の市場では上記のような要因に加え、もちろんゲームの開発にも力を入れる必要があります。それを全てこなすことは、よほどの大手でないと不可能です。なので、強みを持っている会社はたくさんあるのに、勝負できないでいるのが今のソーシャルゲーム業界なのです。

そこで小林氏は、強みを生かつつ、弱い部分は他社と組むことで解消したらどうかと提案しました。例えばサーバーサイドが弱いディベロッパーには、ディー・エヌ・エーの持つ日本有数のサーバー技術者を提供し、マーケティングが弱いところはその部分をフォローアップする。こうすることで、弱い部分ではなく強い部分に力を集中して開発・運営を行う事ができるということです。

また、実際にパートナーとして開発を進めている事例として、2011年に設立した進行の開発会社SummerTimeStudioや、コンソールゲームの開発経験豊富なメディア・ビジョンなどが挙げられました。小林氏は、企業の大小や、その強みの種類などは問わず、多くの企業と協業していきたいと語りました。本年度中に60本の新規リリースを行うというところに、その本気度が垣間見えます。

講演の最後に小林氏は、「アニメーターの給料が低いと言うことがよく言われますが、この国ではクリエイターが報われない。お金が回らなければ、人材は集まらないのです。人材がいなければ、モノは生まれず、業界は縮小していきます」と、日本のゲーム業界を憂いました。小林氏の持論は、コンテンツの選択肢があることが、まず業界が伸びる絶対条件だということ。今のクリエイターが報われない状況を、改善したいという言葉で講演を締めくくりました。
《恩田竜太郎》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

    鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

  3. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  4. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  5. 国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

  6. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  9. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  10. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る