人生にゲームをプラスするメディア

【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も

その他 全般

【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
  • 【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
  • 【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
  • 舛田淳氏
  • 【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
  • 【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
  • 【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
  • 『LINE POP』『LINE Bubble』
  • 【LINE-Hello,Friends in Tokyo 2013】LINE GAME新規11タイトル発表、そのなかには『ソニック』『パズルボブル』『メイプルストーリー』の名前も
LINE株式会社は、LINEカンファレンス「Hello,Friends in Tokyo 2013」を舞浜アンフィシアターにて開催しました。

LINE GAMEのプレゼンテーションでは、LINE株式会社執行役員の舛田淳氏が登壇。まずは、LINE GAMEの1年の動きについて語られました。2013年現在、新参者でありがなら世界ゲームダウンロードランキングでiOS、Google Playどちらもトップ10に入るまでに成長。

舛田氏はLINEの価値がリアルグラフをベースとした身近な人とのクローズドなコミュニケーションであることを強調し、「LINE GAMEはリアルグラフの延長線上にあるものでなくてはならない、それ以外はLINEがやる必要はない」と再定義したと続けます。リアルグラフの延長線上、それは「休み時間に遊んだり」「パーティをしながらみんなで遊んだり」「家族、恋人、友達とくつろいだなかで遊ぶゲーム」を指し、身近な人同士だからわかりあえる「ほんのちいさなエキサイティング」を重要視していくなかで「ちいさなエキサイティングのコミュニケーションを無限に作っていくこと」をコンセプトとしたと語ります。

その、コンセプトを元に作られたのが『LINE POP』や『LINEバブル』という2つのタイトル。この日々親しまれるゲームには3つの共通点があると続けます。1つ目は「シンプルなルールであること」、2つ目は「シンプルなルールだからこそ誰でも始められる」、3つ目は「気軽にすぐ始められるゲームだからこそ、気軽に友達に勧めることができる」ということ。LINEのコミュニケーションをさらに広くするために投入されたLINE GAMEは、『LINE POP』は14日で1000万DL、さらに『LINEバブル』は30日で1000万DLを達成。売上面では『LINE POP』は累計43億円、『LINEバブル』は19億円の売上を達成しました。

現在LINE GAMEは36タイトルを展開。2月に配信した『LINEウインドランナー』について舛田氏は、「現在1400万DLを達成しましたが、LINEキャラクターが登場しないゲームとして初の1000万DLを突破したタイトル」と、重要な意味を持つタイトルだったと印象深く語りました。そしてLINEプラットフォームオリジナルタイトルの『LINEポコパン』については、『LINE POP』『LINEバブル』に次ぐブームが来そうだと、LINEとしても注目しているタイトルであることを明らかにしました。

LINE GAME全体で1億9千万DLが確認されていますが、これは1秒に5つのタイトルが世界のどこかでDLされていることを意味します。7月だけで26億円の売上を達成し、さらなる拡大を目指すLINE GAME次なるタイトルは?益田氏の口から新タイトルの一部が語られました。

■『LINE Rainbow Chaser』
LINEキャラクターを使用した横スクロールのランニングゲーム。LINEの友人との協力プレイも可能とのこと。

■『LINE SONIC DASH』
SEGAの初参加タイトルとなるのがこの『LINE SONIC DASH』。おなじみのソニックが、縦横無尽にLINEの中を走り回ります。ソニック自体、日本や世界に人気があるキャラクターであるため、LINEが考える「日本からアジア、アジアから世界へ」という文脈のなかで非常に重要なタイトルと考えられています。

■『LINE Modoo Marble』
LINE GAMEとしては初の試みとなるボードゲーム。「モノポリー」のように最大4人でプレイすることが可能となっています。リアルグラフのアプローチを活用したゲームとして、注目しているタイトルとのこと。

■『LINE Puzzle Bobble』
国内タイトル。アーケードゲームで人気を博すタイトーの『Puzzle Bobble』が登場。

■『LINE REVENANT GATE』
国内タイトル。NHN開発のオリジナルアクションRPG。

■『LINE FISH ISLAND』
国内タイトル。同じくHNH開発。

■『LINE MapleStory Village』
韓国の人気作『メイプルストーリー』のスピンオフ作品。さまざまなモンスターを育成し、自分の村を作りLINEの友達と交流するというLINEと相性のいい作品になるとのこと。

■『LINE IRONSLAM』
ロボットが登場するプロレスのゲーム。

■『LINE Shake Spears!』
ロシアのAlawar Entertainment社より提供。LINE GAME初のリアル対人戦ゲーム。

■ 『LINE Nutlings Tournament』
フィンランドのBoomlagoon社より提供。

■『LINE Let’s Golf!』(TBC)
フランスのGameloft社より提供。LINE GAMEとしては初めてのゴルフゲーム。

今回11タイトルが発表されましたが、これもほんの一握りとのこと。現在も世界中のゲームメーカーとコミュニケーションをとっている段階であり、LINEがハブになることでさまざまなゲームデベロッパーから大小問わずさまざまなゲームを提供できるゲートウェイとしてLINE GAMEが存在していく。最後には、LINE GAMEのオープン化をしないのかという周りからのコメントに対して「我々は早急にオープン化すること自体望んでおらず、これまでどおりLINEのユーザーにとって価値のある、LINEのゲームのポリシーを満たすものをゲームメーカーと話し合いながら質の高いゲームを提供したい」と締めました。

気になるタイトルの配布時期には言及されておりませんでしたが、月に4から5タイトルというペースで配信されるとのことです。

(C)LINE Corporation. All rights reserved.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』臣下になりたい王様のアンケート結果が人気! 多彩な特集や『FGO』コラボも関心高まる

    【週刊インサイド】『FGO』臣下になりたい王様のアンケート結果が人気! 多彩な特集や『FGO』コラボも関心高まる

  2. あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

    あなたと相性ピッタリの“どうぶつ”は?「どうぶつの森 ポケットキャンプ占い」が“いいね”7千超えで人気沸騰

  3. 「Fate/Apocrypha」トレーディング令呪アクリルキーホルダーとホログラムTシャツが発売決定

    「Fate/Apocrypha」トレーディング令呪アクリルキーホルダーとホログラムTシャツが発売決定

  4. 【特集】「デスクトップアーミー」×「フレームアームズ・ガール」コラボ第1弾「KT-321f 轟雷」フォトレビュー

  5. 【レポート】「日本におけるeスポーツの夜明け」を目指して─AMDが「闘会議」に賞金1,000万円を拠出すると発表

  6. 【特集】広くて危険な「オープンワールドアクションの世界」10選

  7. 『BLAZBLUE』シリーズ10周年記念プロジェクトが始動、アニバーサリーサイトがオープン

  8. 『ロックマンX』オリジナルアーマーコンテスト開催!最優秀作は岩本佳浩先生によるイラスト化も

  9. セガゲームス、謎めく新作ティザーサイトを公開! “〇〇〇×RPG”とは一体…

  10. 【特集】「エクスカリバーしゃもじ」が大人気!コラボの経緯も明らかになった劇場版「Fate/stay night [Heven’s Feel]」×カプコンカフェレポート

アクセスランキングをもっと見る