人生にゲームをプラスするメディア

3DS、米国で3ヶ月連続トップシェアを獲得―Wii U配信タイトル『MOTHER2』も好調な出足に

米国において、3DSが7月を含め3ヶ月連続でトップシェアを獲得したことが明らかになりました。任天堂オブアメリカが伝えています。

任天堂 その他
『Mother2 ギーグの逆襲』
  • 『Mother2 ギーグの逆襲』
  • 『とびだせ どうぶつの森』
  • 『ルイージマンション2』
  • 『New スーパーマリオブラザーズU』
米国において、3DSが7月を含め3ヶ月連続でトップシェアを獲得したことが明らかになりました。任天堂オブアメリカが伝えています。

同社によれば、海外では6月に発売となった『とびだせ どうぶつの森』の牽引もあり、先月では去年と同じ月に比べて3DSハードが14%上昇。ソフト全体の売り上げは45%上昇と右肩上がりの成長を続けています。

パッケージ版・ダウンロード版を合わせたソフト毎の売り上げに関しては、『とびだせ どうぶつの森』が15万本。『ルイージマンション2』は累計で82万本を記録。Wii Uタイトルでは『New スーパーマリオブラザーズ U』が83万本にまで数字を伸ばしています。

また、海外でWii Uニンテンドーeショップで7月18日に配信開始となった『MOTHER2 ギーグの逆襲』が素晴らしいスタートをきったということも伝えられています。具体的な数字は明らかになっていませんが、『New スーパールイージ U』や『ピクミン3』を超える成功をおさめているということです。名作RPGとしての貫禄、衰えぬ人気の高さを伺わせますね。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

アクセスランキングをもっと見る