人生にゲームをプラスするメディア

LIVING ADV「STEINS;GATE」聖地・秋葉原でコラボイベント開催

5pb.×ニトロプラスの科学アドベンチャーゲーム『STEING;GATE(シュタインズ・ゲート)』の舞台の最新情報です。

その他 全般
阿万音鈴羽フィギュア
  • 阿万音鈴羽フィギュア
  • eデリカ
  • RM burger&break akiba style
  • メイリッシュ
5pb.×ニトロプラスの科学アドベンチャーゲーム『STEING;GATE(シュタインズ・ゲート)』の舞台の最新情報です。

『STEINS;GATE』の聖地とも言える秋葉原で、参加型のプロモーションイベントが複数実施されています。

■秋葉原ARコラボ「秋葉原探訪~アキバを歩いてレアアイテムをGET!~
期間:7月18日~28日
1.スマートフォンにアプリ「秋葉原AR」をダウンロードします。アプリはiOS対応とAndroid対応があります。

2.LIVING ADV「STEINS;GATE」公式サイト内の特設ページで、探訪スポットのヒントを探しましょう。

3.ヒントを頼りに秋葉原の探訪スポットへ行き、「秋葉原AR」を起動、カメラをかざし画面をタッチして認証します。

4.全6スポットをクリアすると、イベントクリア特典の限定アイテムを受け取るために必要な情報をゲットできます。

5.Wチャンスで、阿万音鈴羽役・佃井皆美さんの直筆サイン入り「阿万音鈴羽&マウンテンバイクフィギュア」が抽選で当たります。

■週末限定「鈴羽ガールを探せ!!」
実施日:7月27日、28日 13時~18時

秋葉原の街に、鈴羽コスプレの女の子「鈴羽ガール」が自転車で出現します。「鈴羽ガール」の自転車にはWEBカメラが搭載されており、カメラで捉えた映像は舞台版公式サイト内「ダイバージェンスLIVE24」にリアルタイムで配信されます。配信をチェックしながら探すのがポイントです。「鈴羽ガール」を発見すると、レアアイテムが入手できます。

■コラボ店舗オリジナルメニュー
期間:7月18日~28日
実施店舗:
eデリカ秋葉原店
カフェメイリッシュ
RM burger&break akiba style

LIVING ADV「STEINS;GATE」協力店舗でシュタゲにちなんだオリジナルメニューが提供されます。「ジューシーからあげナンバーワン」や作中のメイドカフェ「メイクイーン」のオムライスなど、ファンなら一度は食べておきたいメニューがずらり。コラボメニューを注文すると、店舗ごとにデザインが異なるイベント限定ステッカーが入手できます。

■メニュー
【eデリカ】
ジューシーからあげナンバーワン 500円(税込)

【RM burger&break akiba style】
ジューシー唐揚げNo1バーガー」ポテト、サラダとセットで945円(税込)

【メイリッシュ】
・オムライス(スープ付)1050円(税込)
「世界がヤバイ!!」「死ね」「メイクイーンニャンニャン猫絵」

・メイクイーンニャンニャン 塩焼きそば:630円(税込)

・キャラクタードリンク:各種
フェイリス:840円(税込)
知的飲料ドクペ:630円(税込)
まゆしい:735円(税込)
バイト戦士:735円(税込)
ルカ子:735円(税込)
ミスターブラウン:735円(税込)
モナンフランボワーズ:735円(税込)

・ラボメンカクテル 各種
マッドサイエンティスト:840円(税込)
スーパーハカー:945円(税込)



LIVING ADV「STEINS;GATE」は10月にお台場Zepp DiverCityにて上演されます。アドベンチャーゲームの醍醐味「シナリオ分岐」を再現するという待望の舞台に向けて、この夏はアキバでシュタゲを満喫しましょう。

(C)2009-2013 MAGES./5pb./Nitroplus
(C)2013 MAGES./5pb./Nitroplus/DAIS
秋葉原AR実行委員会/秋葉原駅前商店街振興組合
《井口 宏菜》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

    フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

  2. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

    アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  3. 中国人気コスプレイヤー黒川の大きな瞳に乾杯!シャッター押すのを忘れるほどkawaii【インタビュー】

  4. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  5. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

アクセスランキングをもっと見る