人生にゲームをプラスするメディア

村田雄介先生の描き下ろしロックマン展示も!「カプコンサマーフェスティバル in ハウステンボス」可愛いアイルーサンドも必見

カプコンは、ハウステンボスにて行う「CAPCOM 30th anniversary CAPCOM × ハウステンボス ~カプコンサマーフェスティバル in ハウステンボス~」にて実施するイベントの内容や、限定グッズなどの情報を公開しました。

その他 全般

直筆イラストが展示!
  • 直筆イラストが展示!
  • 「カプコンサマーフェスティバル in ハウステンボス」メインビジュアル
  • 下位クエスト達成報酬その1
  • 下位クエスト達成報酬その2
  • 上位クエスト達成報酬その1
  • 上位クエスト達成報酬sono2
  • 『ロックマン クロスオーバー』
  • 『ロックマン クロスオーバー』ロゴ
カプコンは、ハウステンボスにて行う「CAPCOM 30th anniversary CAPCOM × ハウステンボス ~カプコンサマーフェスティバル in ハウステンボス~」にて実施するイベントの内容や、限定グッズなどの情報を公開しました。

長崎が誇る観光名所「ハウステンボス」と、30周年を迎えるカプコンがタッグを組んで行われる、「CAPCOM 30th anniversary CAPCOM × ハウステンボス ~カプコンサマーフェスティバル in ハウステンボス~」は、オープンとなる7月13日がいよいよ迫ってきました。

スタンプラリーといったイベントや限定グッズの販売などが行われることは既にお伝えした通りですが、このたびそれらの詳細が発表されました。新たに判明したイベントなどもあるので、興味がある方は見逃さずにチェックしてください。

■「モンスターハンター4」スタンプラリー実施内容公開
広大なハウステンボスの敷地を存分に使い、『モンスターハンター4』にちなんだスタンプラリーが実施されます。スタート地点で「受注」したクエスト用紙に印されたマップを手がかりに、クエストクリアを目指してください。このイベントには難易度別に分けられた2種類のコースがあり、誰でも気軽にチャレンジできる「下位クエスト」と、モンスターハンターの知識がちょっぴり必要な「上位クエスト」となります。

クエストを無事にクリアするとオリジナルグッズがもらえますが、これは下位と上位にそれぞれ用意されています。下位クエストでは、オリジナルハンドタオル。こちらは、アイコンをモチーフにしたモノクロ調のものと、アイルーをあしらった可愛いデザインの2種類となり、このどちらかがプレゼントされます。

上位クエストでもらえるのは、オリジナルトートバッグ。こちらも柄が2種類あり、ソフト発売に先駆けた『モンスターハンター4』デザインのものと、ハウステンボスのマスコット「ちゅーりー」とアイルーが可愛く並んでいるものになります。なおスタンプラリーは有料となりますので、ご注意ください。パスポート対象者には割引もあります。

■村田雄介氏の描き下ろし直筆イラスト展示
「アイシールド21」や「ワンパンマン」で有名な人気漫画家である村田雄介氏が、このイベントのために「長崎をテーマにしたロックマンのイラスト」を描き下ろしました。実は、『ロックマン4 新たなる野望!!』と『ロックマン5 ブルースの罠!?』のボスキャラ募集企画に応募し、ダストマンとクリスタルマンが採用されたことがあるという、ロックマン愛あふれる村田雄介先生の直筆イラストは、「パレス ハウステンボス」にて展示されるので、どうかお見逃しなく。

■「ロックマン クロスオーバー」の限定特典が入手できるシリアルカードを配布!
iOS/Android版が好評配信中の『ロックマン クロスオーバー』内で使える2種類の限定特典が入手できるシリアルカードを配布します。こちらの限定特典は、ちゅーりーとロックマンがコラボレーションした「ちゅーりーロックマン」と、村田雄介氏の「描き下ろしロックマン」の、2種類のオリジナルバトルメモリーとなります。

この他にも、アイルーとちゅーりーがコラボした、iPhoneケースにダイカットキーホルダー、ミルククッキーといった限定グッズから、アイルーを模した「アイルーサンド」、「こんがり肉バーガー」、「タイホくんラテ」などの限定メニューもあり、遊ぶのも食べるのも楽しく、おみやげまで喜ばれるという、ワクワクがぎゅっと詰まったサマーフェスティバルとなります。夏休みを利用して、ハウステンボスまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

なお、本イベントの開催期間は、7月13日から9月2日まで。場所は「パレス ハウステンボス」で、800円の料金がかかります。これには、ハウステンボス入場料は含んでいません。他の注意事項は、公式サイトをご覧ください。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. Twitterで話題の“無造作すぎる”ゲーセン、その背景を訊く─「秋田にもレトロゲームを楽しめる空間があれば」

    Twitterで話題の“無造作すぎる”ゲーセン、その背景を訊く─「秋田にもレトロゲームを楽しめる空間があれば」

  2. ゲームのポイントをしっかり見据え、ポジティブなエネルギーでモノ作りを――任天堂・宮本茂氏の基調講演聴講レポート【CEDEC 2018】

    ゲームのポイントをしっかり見据え、ポジティブなエネルギーでモノ作りを――任天堂・宮本茂氏の基調講演聴講レポート【CEDEC 2018】

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 東京に「しまねっこカフェ」がオープン!『ルートレター』ヒロイン、日高のり子さんが魅力をPR

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 開発陣に訊くサウンド面から支える『ミリシタ』の"新たな挑戦" ―歌い分け実現に恩恵をもたらした「CRI ADX2」

アクセスランキングをもっと見る