人生にゲームをプラスするメディア

PS3/360『RACE DRIVER GRID 2』に採用されるマルチプレイヤーモードの解説が公開

ソニー PS3

PS3/360『RACE DRIVER GRID 2』に採用されるマルチプレイヤーモードの解説が公開
  • PS3/360『RACE DRIVER GRID 2』に採用されるマルチプレイヤーモードの解説が公開
既に海外では発売され、プレイしたユーザーの評価もまずまずとなっている『RACE DRIVER GRID 2』ですが、マルチプレイヤーモードに関する詳細な解説情報が公式サイトにて公開されました。

本作のマルチプレイヤーモードでは、シングルプレイヤーモードの「キャリア」とは異なる独自のゲーム進行システムを採用しており、オンラインコミュニティ「CODEMASTERS RaceNet」を利用することで、特別なイベントに参加できるなど遊びに幅が生まれるように作られています。

■2通りの対戦方法
[1]GRIDオンライン
最大12人での対戦が楽しめるモードです。オンラインでは以下の通り、あらかじめ用意された「オンライン・プレイリスト」とオリジナルのレースを作成できる「オンライン・カスタムイベント」が楽しめます。

・オンライン・プレイリスト:複数のレースイベントが組み合わされてローテーションする「プレイリスト」から好みのものを選択し、すぐにレースへ参加することができます。プレイリストは、おおまかに「全レースタイプから選択されたイベントの組み合わせ」「スピードを競う“レース”に特化したイベントの組み合せ」「“レース”以外のレースタイプから選択されたイベントの組み合わせ」に分類されています。
・オンライン・カスタムイベント:マシンやコース、レースタイプなど、細かく条件を選択してマッチングする相手を検索し、同一条件下でオリジナルのレースに挑むことができます。

[2]スプリットスクリーン
オンラインに接続しなくても、1台のゲーム機を使用して2人のプレイヤーが上下に分割された画面上で対戦を楽しむことができます。

■進化したマッチングシステム
衝突やコーナーカットなどを検出して、パフォーマンスを評価する技術を採用し、フェアでクリーンなレースを好むプレイヤーには、同類のプレイヤーをマッチングするといった、嗜好の合ったプレイヤーをグループ化することで、さらに快適なレース体験を提供します

■新しいマシンの入手やアップグレード、カスタマイズ
新しいマシンを購入したり、ペイントやホイール、スポンサーステッカーを好みで変更したりすることで、マシンを自分色にカスタマイズすることもできます。デザインの組み合わせは60億通りにも上ります。また、お気に入りのマシンをアップグレードして、上位レベルのマシンに性能をより近づける調整を行うこともできます。

■動画共有サイト、YouTubeへのプレイ動画のアップロード
理想的なコース取りができたり、気に入ったドリフトがキメられたりした時には、自慢の走りをFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを通じて、共有することもできます。

■「RaceNet」で広がる楽しみ
[1]新しい3種類のライバルシステム

・週間ライバル:「RaceNet」がプレイヤーの能力やゲームの進行状況に基づき、自動的に週1回選出するライバルと戦います。
・ソーシャルライバル:フレンドもしくは過去にマッチングしたプレイヤーから最高4人のライバルと戦います。
・カスタムライバル:好みの条件により選択されたライバルと戦います。

[2]グローバルチャレンジへの参加
週ごとに異なるイベント、グローバルチャレンジは、様々な条件下でのレースが楽しめるコミュニティ独自のイベントです。同イベントに参加し、目標を達成することで、経験値やキャッシュ、「RaceNet」フォロワーを獲得することができます。

[3]「RaceNet」フォロワーの獲得
オンラインで高いパフォーマンスを披露して名声を上げることで、「RaceNet」フォロワーが増えていきます。同フォロワー数によって、提示されるライバルも幅広くなっていきます。なおフォロワー数は、グローバルチャレンジで打ち負かしたライバルから奪ったり、コミュニティイベントへの参加や目標の達成などによっても、増やすことが可能です。



(C) 2013 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters”(R), “Ego”(R), the Codemasters logo and “Race Driver GRID”(R) are registered trademarks owned by Codemasters. “Race Driver GRID 2”(TM), “Codemasters Racing”(TM) and “RaceNet”(TM) are trademarks of Codemasters.All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license.
This game is NOT licensed by or associated with the FIA or any related company. Developed and published by Codemasters.
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  4. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  5. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  6. キャラのパンツは毎日変わる!?『夏色ハイスクル』の学園生活について、理事長にインタビューした

  7. PSP『山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件』WEB限定“いけず”なCMを公開

  8. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  9. 『モンハン:ワールド』歴戦個体への閃光効果に調整、研究所での「ツタの葉」栽培可能など―4月19日アプデ内容をチェック

  10. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る