人生にゲームをプラスするメディア

としまえんから逃げ出せ!体感型脱出ゲーム 「サイレントヒル:リベレーションREAL」期間限定開催

その他 全般

としまえんが恐怖に飲み込まれる…
  • としまえんが恐怖に飲み込まれる…
  • まるで映画に入り込んだような体験がここに
日本公開となる7月12日がいよいよ迫ってきた映画「サイレントヒル:リベレーション3D」を記念して、都内大型遊園地「としまえん」にて、体感型脱出ゲーム 「サイレントヒル:リベレーションREAL」が期間限定でオープンします。

体感型脱出ゲーム「サイレントヒル:リベレーションREAL」は、としまえんを舞台にし、参加者が様々な謎を解き明かし、「サイレントヒル」からの脱出を目指すという、観客参加型のゲームイベントです。

数多ある脱出ゲームとは違い、謎を解くだけでなく、映画に登場するキャラが実際に登場し、しかも参加者に恐怖を振り撒きます。この恐怖体験は、「サイレントヒル:リベレーションREAL」でしか味わえません。雰囲気の一端を紹介するPVも公開されており、「バブルヘッドナース」の襲撃シーンなども収められています。興味がある方はご覧ください。



そして謎解きも、知能テスト的な謎だけではなく、自分がまるで映画の中の主人公になった気分が味わえるような絶妙の演出を施した謎を解いたりと、「お化け屋敷」×「謎解きゲーム」の醍醐味が、参加者をリアルな映画の世界へと引きずり込みます。映画を見る前に、このイベントに参加すれば、没入度や恐怖も倍増するかもしれません。

ちなみに本イベントのストーリーは、このようになっております。とある遊園地に集まった参加者達は、実は「同じ悪夢」に苦しんでいるという共通点を持っていました。彼らは、自身に迫る秘密の謎を明らかにできるのか、それとも襲い来るクリーチャーの毒牙にかかるのか。悪夢の原因をつきとめて、ぜひこの遊園地から脱出してください。

なお、イベントの開催時期ですが、毎日随時行われているのではなく、日時共に限定されていますので、ご注意ください。

■イベント概要
時期:2013年7月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)、15日(祝・月)、20日(土)、21日(日)
時間:1回目10時30分~、2回目12時30分~、3回目14時30分~、4回目16時30分~
場所:としまえん ソレイユホール北(練馬区向山3-25-1)
所要時間:約1時間半
チケット料金:前売り券3,000円(税込)/当日券3,500円(税込)
※としまえん入園料込

※受け付けは正門(西武池袋線 としまえん駅の前)のみ行っております。東門・西門からは入場できませんのでご了承ください。


また特別なイベントとなるので、開始時刻に遅刻すると、ゲームが楽しめなくなる可能性や、タイミングによりすぐにご参加できない可能性があるとのことです。この他にも注意点がいくつかあるので、参加希望の方は公式サイトを熟読のうえでお願いします。

映画だけでなく、遊園地をも浸食する恐怖体験。今年の夏がどれほど暑くなるかは分かりませんが、『サイレントヒル』が背筋をヒヤリとさせてくれそうです。


A Canada-France Co-Production (c) 2012 Silent Hill 2 DCP Inc. and Davis Films Production SH2, SARL.
(C) 2013 PKシアター All Rights Reserved
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. カメラが揺れるほど狂喜乱舞!海外ゲーマーが『スマブラDX』「ターゲットをこわせ」タイムレコードを14年ぶりに更新

    カメラが揺れるほど狂喜乱舞!海外ゲーマーが『スマブラDX』「ターゲットをこわせ」タイムレコードを14年ぶりに更新

  2. カプコン、最大50%オフのGWスペシャルセールをPS Storeで開催!5月9日まで

    カプコン、最大50%オフのGWスペシャルセールをPS Storeで開催!5月9日まで

  3. SNK、“新たなゲーム機”の登場を予告! NEOGEOの人気タイトルを収録

  4. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』新古龍や“重ね着装備”などの追加を発表、『フォートナイト』誘導ミサイルが削除へ、『Nintendo Labo』試作・開発編インタビュー公開…など(4/18)

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「ガンダムシリーズ新作発表会」4月20日に開催! 最新作と関連プロジェクトを明かす

  7. 「ミニファミコン」楽天ビックで4月17日より再販開始!

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る

1