人生にゲームをプラスするメディア

E3 2013閉幕。会場やメディアを賑わせたアンリアル・エンジン採用タイトルたち・・・「Unreal Japan News」第68回

6月11日~13日にかけて、カリフォルニア州ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催されたE3。各社の次世代機が次々と発表された10日(月)のカンファレンスを皮切りに、近年でも特に熱い盛り上がりを見せたE3となりました。

ゲームビジネス その他
今年も大きな盛り上がりを見せたE3
  • 今年も大きな盛り上がりを見せたE3
6月11日~13日にかけて、カリフォルニア州ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催されたE3。各社の次世代機が次々と発表された10日(月)のカンファレンスを皮切りに、近年でも特に熱い盛り上がりを見せたE3となりました。

今回のアンリアル・ジャパン・ニュースでは、会場のフロアやクローズド・ルーム、各メディア等で発表されたアンリアル・エンジン採用タイトルの一覧をご紹介します。

・バットマン:アーカム・オリジンズ/ワーナー・ブラザース(UE3)
・Bloodmasque/スクウェア・エニックス(UE3)
・ブラックライト・リトリビューション/パーフェクト・ワールド(UE3)
・ブラザーズ/505ゲームズ(UE3)
・コントラスト/フォーカス・ホーム・インタラクティブ(UE3)
・クリムゾン・ドラゴン/マイクロソフト(UE3)
・D4/マイクロソフト(UE3)
・デイライト/開発:ゾンビスタジオ(UE4)
・デッドフォール・アベンジャーズ(UE3)
・デッドプール/アクティビジョン(UE3)
・Hawken/メテオ・エンターテイメント(UE3)
・Killer Is Dead/角川ゲームス(UE3)
・ロスト・プラネット3/カプコン(UE3)
・マグ・ランナー:ダークパルス/フォーカス・ホーム・インタラクティブ(UE3)
・Magus/アクシス(UE3)
・マーベル・ヒーローズ/Gazillion Entertainment (UE3)
・アウトラスト/レッドバレル(UE3)
・シャーロック・ホームズ:クライムス・アンド・パニッシュメンツ/フォーカス・ホーム・インタラクティブ(UE3)
・スプリンターセル・ブラックリスト/UBI(UE2.5)
・ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ アウト・オブ・ザ・シャドウズ/アクティビジョン(UE3)
・シーフ/スクウェア・エニックス(UE3)
・テイクダウン/505ゲームズ(UE3)
・Yaiba: Ninja Gaiden Z/コーエーテクモゲームス(UE3)

上記のうち、Bloodmasque(開発:スクウェア・エニックス)、クリムゾン・ドラゴン(開発:グランディング、ランド・ホー!)、D4(開発:アクセスゲームズ)、Killer Is Dead (開発:グラスホッパー・マニュファクチュア)、Magus(開発:ブラックタワー)の5タイトルは、いずれも日本の開発チームにて開発が進められているものです。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  3. 『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

    『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

  4. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  5. 次世代ゲームの作り方を模索、PS4『KNACK』開発チームインタビュー・・・GTMF 2014直前インタビュー

  6. アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

  7. タカラトミーの「人生ゲーム」、婚活イベントで“リアル版”を展開!出雲市、ツヴァイとの合同プロジェクト

  8. 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

  9. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  10. グリーンピース、今度は任天堂を0.3点と採点―「グリーンエレクトロニックガイド」

アクセスランキングをもっと見る