人生にゲームをプラスするメディア

北米のスタチュー付き豪華限定版『The Last of Us Post-Pandemic Edition』をアンボックス!

本日、ついに日本でも発売となったPlayStation 3の超期待作『The Last of Us』。既に手に入れて目一杯楽しんでいるユーザーも多いと思います。

ソニー PS3
かなりの存在感がある『Post-Pandemic Edition』
  • かなりの存在感がある『Post-Pandemic Edition』
  • 外箱前面
  • 外箱裏面
  • PSPがミニチュアに見えるパッケージとの比較
  • ジョエルとエリーがプリントされた内箱
  • クッション素材にまで『The Last of Us』と刻印
  • エリーが描かれたスチールブックケース表
  • ジョエルが描かれたスチールブックケース裏
本日、ついに日本でも発売となったPlayStation 3の超期待作『The Last of Us』。既に手に入れて目一杯楽しんでいるユーザーも多いと思います。

編集部では本作の北米版、海外大手ストアGameStopにて専売されたスタチュー付き豪華限定版『Post-Pandemic Edition』を入手することが出来たので、そのアンボックスをお送りしたいと思います。

パッケージが届いて驚いたのはその大きさ。高さ40cm・幅30cm・奥行き27cmと、想像していた物よりもはるかに巨大なパッケージで、受け取り時に少しばかり躊躇してしまったくらいです(尚、送料込みで約195ドル、現在の換算レートで約19,000円でした)。

そのパッケージは、外箱、内箱、スタチュー保護のためのクッション素材と分かれており、パッケージスペースの約9割をスタチューとクッション素材が埋めるというかなり大胆な内容となっています。

スタチュー以外の同梱物には、ゲームディスクの入った特性スチールブックケース、エリーの過去を描いた『The Last of Us』公式コミックの第1話「American Dreams #1」、スタチューをディスプレイする時に使用する背景画となっています。

スチールブックケースの中身は、Blu-rayゲームディスクと特典プロダクトコードを記載した用紙に、Naughty Dog社ロゴのステッカーのみ。紙でのマニュアルは一切なく、完全な電子マニュアル仕様でした。

そしてスタチューですが、全高約28cmとかなりのビッグサイズ。キャラクター物フィギュアの命とも言えるフェイスが「ま、まぁ、似てなくは無い」といった感じではありますが、筆者が以前購入した『X-Blades』限定版同梱の「誰?」なアユミちゃんや『Uncharted 3: Drake's Deception』限定版同梱のハリソン・フォードなネイトさんより、はるかに良い仕上がり。造形は非常に細かく、塗装も丁寧に行われていて、さすがプレミアムスタチューと言える出来栄えです。

以上、『The Last of Us Post-Pandemic Edition』のアンボックスでした。

ちなみに、日本語版も勿論入手しました。ジョエル役の山寺宏一さん、エリー役の潘めぐみさん、そして豪華声優陣の方々の演技が非常に楽しみです。

(C)2013 Sony Computer Entertainment America LLC. Created and developed by Naughty Dog, Inc.
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月18日】─1月20日と1月22日に新たな抽選受付がスタート、「お宝創庫」の受付は本日まで

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月18日】─1月20日と1月22日に新たな抽選受付がスタート、「お宝創庫」の受付は本日まで

  2. 『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

    『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

  3. なかなか会えない地元の友人と『マインクラフトダンジョンズ』で再会ークロスプレイはゲーム機の垣根はもちろん、年月さえも超える力がある

    なかなか会えない地元の友人と『マインクラフトダンジョンズ』で再会ークロスプレイはゲーム機の垣根はもちろん、年月さえも超える力がある

  4. 『サイバーパンク2077』ナイトシティで京都弁を話すオカン「ワカコ・オカダ」に魅了された…

  5. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  6. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  7. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月15日】─3件の抽選販売が展開、新たな受付を「ドン・キホーテ」が予告

  8. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  9. 「これ無理!」と叫びたくなる、『ダークソウル』初見殺しシーン5選【実況動画レポ】

  10. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

アクセスランキングをもっと見る