人生にゲームをプラスするメディア

PR大使の西山 茉希さん、つるの 剛士さんが登場!クラウドゲーム機「G-cluster」発売記念イベント

ゲームビジネス その他

左から西山さん、橋本氏、つるのさん
  • 左から西山さん、橋本氏、つるのさん
  • PR大使の西山 茉希さん、つるの 剛士さんが登場!クラウドゲーム機「G-cluster」発売記念イベント
  • PR大使の西山 茉希さん、つるの 剛士さんが登場!クラウドゲーム機「G-cluster」発売記念イベント
  • PR大使の西山 茉希さん、つるの 剛士さんが登場!クラウドゲーム機「G-cluster」発売記念イベント
  • PR大使のつるの剛士さん
  • PR大使の西山茉希さん
  • PR大使の西山 茉希さん、つるの 剛士さんが登場!クラウドゲーム機「G-cluster」発売記念イベント
  • PR大使の西山 茉希さん、つるの 剛士さんが登場!クラウドゲーム機「G-cluster」発売記念イベント
ブロードメディアは、6月20日よりクラウドゲーム機「G-Cluster(ジークラスター)」を家電量販店およびインターネット販売サイトにて販売開始しました。

発売を記念し東京ミッドタウン アトリウムでは「G-Cluster」発売記念イベントが開催されPR大使となった西山茉希さん、つるの剛士さんが登壇し、実際にゲームを体験するとともにプレイした感想や魅力を語りました。

■小さな未来のゲーム機

G-Clusterとはテレビにつなぎ、自宅のWi-Fiに接続するだけでクラウドゲームを楽しむことができるゲーム機です。サーバー側ですべてのプログラム処理を行い、その結果描画される映像を、ブロードバンドを通じてビデオストリーミングで端末に配信します。ゲームの操作は、スマートフォン、タブレット、パソコン用コントローラーで行うことが可能でり、スマートフォンやタブレット端末の画面は、ゲームの内容や段階によってさまざまに変化していきます。お馴染みの十字キーによる操作だけではなく、縦にしたり横にしたり振ってみたり、さまざまな楽しみ方が可能です。もちろん、いつもの感覚でゲームを楽しみたいプレイヤーのために、ゲームコントローラーの接続も可能となっています。

■クラウドゲームの特長1:「ディスク等のメディアが不要」
ディスクの入替えはもちろんダウンロードやインストールも必要ありません。クラウドにある色々なゲームを手軽に楽しむことができます。

■クラウドゲームの特長2:セーブデータはクラウドに保存
「G-cluster」さえあれば外出先でもゲームの続きをプレイすることが出来ます。

本体のサイズは非常に小さく、名刺より一回り大きい程度(幅49mm × 高さ90mm × 奥行11mm)、重量はわずか45gとされ消費電力も少なく、テレビのUSBポートからの給電で動作します。本体サイズが小さいため、本機をテレビの背面に装着することが可能です。(背面装着用ホルダーが付属されています)。

■ターゲットはゲーム潜在層・関心層
家庭用ゲーム機はハイスペック化が図られた結果、価格が高騰し、ユーザーが一部のコアなゲーマーに絞られてしまいました。
他方で、スマートフォン向けのゲームはライトユーザー層を開拓し、市場を拡大している状況です。「多額のお金を使用したくないが、ゲームに興味・関心があるユーザー(中間層)」をクラウドゲームは開拓し、ゲーム市場の拡大を狙っていると想定されます。

■製品情報
・名称:G-cluster
・発売日:2013年6月20日
・価格:
 ―単品 9,980(税込)
 ―コントローラーセット 13.800円
・同梱品
 ―本体
 ―本体ホルダ
 ―電源アダプタ
 ―USBケーブル
 ―HDMIケーブル
 +コントローラー(セット版のみ ロジクールF710 ワイヤレスゲームパッド)

■動作環境
・HDMI端子のあるTVやモニター
・安定した3Mbps以上の有効帯域
※高画質で楽しむ場合は6Mbps以上

■利用料金
・遊び放題:525(税込)円/月
・ソフト1本:525円~2,940(税込)円/年

ゲーム市場がシュリンクしている中、新たな風を巻き起こす風雲児であるクラウドゲーム機が、どこまで一般の家庭に浸透していくのか気になるところです。

「G-cluster」は、本日6月20日発売。価格は本体単品が9,980円(税込)、コントローラーセットが13,800円(税込)です。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  3. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. 2017年第3四半期VRヘッドセット出荷が100万台突破―ソニー/Oculus/HTCが86%占める

  6. ゲーム開発者向けセミナー、バンダイナムコゲームス馬場哲治氏が流体力学の応用を講演

  7. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  10. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

アクセスランキングをもっと見る