人生にゲームをプラスするメディア

『MIND≒0』プレイムービー初公開 ― ストーリー序盤とバトルの模様を動画で紹介

アクワイアは、PlayStation Vitaソフト『MIND≒0(マインド/ゼロ)』の最新情報を公開しました。

ソニー PSV
ストーリー序盤ダイジェスト。悲鳴を聞いた主人公「小鳥遊慧」が見たものは?
  • ストーリー序盤ダイジェスト。悲鳴を聞いた主人公「小鳥遊慧」が見たものは?
  • 闇に包まれてどこかへ引きずり込まれてしまう
  • 奇妙な武器屋で迫られる究極の選択
  • バトル動画。バトルの雰囲気を味わおう
  • MINDの使い方がポイント
  • リザルトには「ボーナス」の項目も
  • 「千景紗菜」のPC用壁紙も配信開始
  • 『MIND≒0(マインド/ゼロ)』パッケージ
アクワイアは、PlayStation Vitaソフト『MIND≒0(マインド/ゼロ)』の最新情報を公開しました。

『MIND≒0』は、アクワイア×ゼロディブのタッグで贈る「ダークスタイリッシュRPG」です。現実の世界「物質界」と裏の世界「狂精神界」のふたつの世界が存在する現代を舞台に、特殊な能力を持つ「MIND使い」たちの物語が描かれます。

公式サイトおよびYouTubeにて、本作のプレイムービーが初公開されました。公開されたのは、物語の序盤をダイジェストで見ることができる「ストーリー動画」と、小鳥遊慧の活躍を収録した「バトル動画」の2本です。

■ストーリー動画(物語序盤ダイジェスト)
主人公「小鳥遊慧」は、高校から帰宅途中に悲鳴を聞いて現場に駆け付けます。そこには、背後に奇妙な影のようなものを背負った怪しい男と同級生の「千景紗菜」が・・・。周囲に青黒い霧が立ち込め、慧の体はみるみるうちに闇に包まれ、引きずり込まれてしまいます。慧が落ちた先は、奇妙な武器屋。その店の主「アンダーテイカー」は、慧に対し、命がけの選択肢を提示します。



■バトル動画(小鳥遊慧篇)
バトルのコマンド選択場面では「MIND」のON/OFFによって使えるコマンドが異なります。「MIND」をONにしていると使うことができる「スキル」は「TP」(テクニカルポイント)を消費しますが非常に強力です。バトルを一気に終わらせたい場合などには積極的に使用しましょう。また、パーティー外のメンバーも、助言という形でバトルに参加してきます。今回の動画では「緒方洋一」が助言している場面が見受けられます。バトル勝利後のリザルト画面では「ボーナス」という項目が存在。バトルの内容によって報酬が増えるようです。



また、公式サイト「Special」ページでは、登場キャラクター「千景紗菜」の壁紙の配信も開始されました。あわせてぜひチェックしてみてください。

突如、何らかの事件に巻き込まれてしまう「小鳥遊慧」。この先、「小鳥遊慧」は「MIND使い」としてどのように成長していくのでしょうか。

『MIND≒0(マインド/ゼロ)』は、2013年8月1日発売予定で価格は6,279円(税込)です。

(C)2013 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  5. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  9. 『モンハン:ワールド』モンスターの寝顔10選―意外とカワイイ…かも?

  10. 『エースコンバット7』ロングインタビュー…最新作のテーマや『エレクトロスフィア』への繋がりを語る【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る