人生にゲームをプラスするメディア

狂気と悪意と幻想の世界、再び―PS Vita版『LIMBO』、6月18日に配信決定

Playdeadは、6月18日にPS Vita版『LIMBO』の配信を開始することを発表しました。

ソニー PSV
少年の身体能力は高くない。足元にも注意して
  • 少年の身体能力は高くない。足元にも注意して
  • 世界はモノトーンで描かれる
  • 少年の頭に光るなにかが・・・
  • 回転のこぎりといった凶悪な罠が張り巡らされる
  • 暗い森をひたすら進む・・・
  • 川を渡る少年。先になにがあるのだろうか
  • すりガラスのように曇った空気感が雰囲気を底上げする
  • 霧の向こうに首を吊った人物が
Playdeadは、6月18日にPS Vita版『LIMBO』の配信を開始することを発表しました。

『LIMBO』は、Xbox360用のダウンロードタイトルとして配信されて人気を博したのちにPS3にも移植された、暗く陰鬱で、寂しくシュールな世界観をもつ横スクロールタイプの謎解きアクションアドベンチャーゲームです。

非常に単純なゲームシステムながら強烈な罠が数多く仕掛けられた、いわゆる「死にゲー」として知られ、主人公である少年の首がもげたり、水に溺れて沈んでいく様など残酷な描写が特徴のひとつでもあります。

数々のプレイヤーを苦しめ、その世界観に引き込んできた『LIMBO』が今年で3周年を迎え、ついにPS Vitaでリリースされる運びとなりました。
開発はイギリスの開発会社Double ElevenとPlaydeadの共同でおこなわれ、PS3版と同じ体験が実現できるよう、取り組んできたということです。

運命に逆らい、妹を探して少年は LIMBO の世界に足を踏み入れる―「死ぬほど」楽しめる『LIMBO』の世界を体験してみてください。

PS Vita版『LIMBO』は、6月18日配信予定。価格は1,200円です。

(C) 2013 Playdead
《Ami》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  2. 『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

    『原神』稲妻には“自力で”行けるのか?ガイアやボートを駆使し、大海原を進んでみた

  3. PS4版『閃乱カグラ EV』は最大10人でマルチプレイ可能!月閃メンバーの描き下ろしイラストも

    PS4版『閃乱カグラ EV』は最大10人でマルチプレイ可能!月閃メンバーの描き下ろしイラストも

  4. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  5. テトリスがちょっぴり苦手な『ぷよテト2』プレイヤー向け、テトリス基礎知識!覚えるだけで序盤の動きがグッとレベルアップするぞ

  6. 『原神』ティナリのキャラデザが「pako」さんと判明!Twitterで描き下ろしイラスト公開

  7. 【特集】「ゲームに組み込まれた衝撃の実績/トロフィー」10選

  8. 「甘雨」が欲しくて『原神』を始めたのに、明るく健気な「アンバー」に惚れてしまった男の話

  9. 『FF16』新キャラ「フーゴ」「ベネディクタ」公開!物語の舞台「ヴァリスゼア」の最新スクリーンショットも続々到着、いや“召喚”

  10. PS3ソフト『無限回廊 光と影の箱』収録曲をギネス申請

アクセスランキングをもっと見る