人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】PS4の発売日から、無料で本格アクションシューティングが楽しめる!『Warframe』プレイレポ

PlayStation4では据え置き型ゲーム機ではじめて、ローンチ時にF2Pゲーム(フリー・トゥ・プレイ、基本プレイ無料のアイテム課金方式)の配信が予定されています。そのうちの一つ『Warframe』のプレイレポートをお届けします。

ソニー PS4
【E3 2013】PS4の発売日から、無料で本格アクションシューティングが楽しめる!『Warframe』プレイレポ
  • 【E3 2013】PS4の発売日から、無料で本格アクションシューティングが楽しめる!『Warframe』プレイレポ
  • 【E3 2013】PS4の発売日から、無料で本格アクションシューティングが楽しめる!『Warframe』プレイレポ
  • 【E3 2013】PS4の発売日から、無料で本格アクションシューティングが楽しめる!『Warframe』プレイレポ
PlayStation4では据え置き型ゲーム機ではじめて、ローンチ時にF2Pゲーム(フリー・トゥ・プレイ、基本プレイ無料のアイテム課金方式)の配信が予定されています。そのうちの一つ『Warframe』のプレイレポートをお届けします。

『Warframe』はカナダのDigital Extremes社が開発運営する三人称視点のアクションシューティングです。プレーヤーは戦闘種族「テンノ」の一人となり、様々な能力を持つ強化外骨格「ウォーフレーム」を駆使してミッションを遂行していきます。すでにWindows版(https://warframe.com/)がリリースされており、こちらもF2Pゲームとなっています。

各ウォーフレームは二種類の銃器(ライフルとピストル)と刀で武装しており、通常項羽劇に加えて射撃なら狙い撃ち、近接戦闘なら大切りが可能。タッチパッドを上下左右に指でなぞれば、4種類の必殺技も繰り出せます。 激しいアクションをしながら指でスライドするのは、ちょっと慣れが必要ですが、慣れれば間合いを計って的確に繰り出せるようになりました。

このほか歩行やダッシュ、ジャンプなどに加えて、スライディングしながら銃撃といったアクションもくりだせます。ウォーフレームのスタイリッシュなフォルムに加えて、射撃と近接戦闘を織り交ぜながら戦っていくスタイルが特徴的。SF忍者アクションゲームと言えばわかりやすいでしょう。

会場では4台の試遊台にそれぞれ異なるキャラクター(=ウォーフレーム)が割り当てられており、協力プレーが楽しめるようになっていました。同じステージ上で何度も敵が波状攻撃を仕掛けてくるので、協力して敵を撃退していくという内容です。遠距離の敵には銃器で攻撃し、近づきながら敵を刀で一刀両断。飛び散る肉片や切断面の描写などが生々しく、このあたりにPS4のマシンパワーを感じた次第です。

また敵にやられて体力がつきてしまっても、瀕死状態のままで腕を動かし、ピストルによる射撃が可能です。味方が回復してくれれば、再び戦線に復帰できます。体力が完全にゼロになると復活できませんが、幸いにもデモ版では難度が甘めに設定されており、そうした状態になることはありませんでした。

武器は合計で70種類が用意されており、使用するたびに経験値が溜まってレベルアップしていくとのこと。また運営開始後もアップデートで武器が増加していくとのことです。ウォーフレームが異なっても、使える武器に制限はなし。ゲームモードは11種類で、いずれも協力プレーのみ。エネルギーな銃弾などのアイテムがあり、マップ上に落ちているものを拾って使用する形になっていました。

なおWindows版では、 無課金でもすべての武器が使用できるなど、特に問題なくプレーできます。その一方で課金すると武器の所持スロットが増えたり、ウォーフレームを装飾したり、経験値や報酬が増えるなどの特典が得られるなど、「より快適にプレーできる」仕組み。プレイステーション4版でも基本的に同様の方針がとられるようです。

このほかE3に先立って配信された公式リリースによると、iOSとAndroidのスマホやタブレットに対応し、セカンドスクリーンで楽しめるとのこと。重要ミッションや生産・建築などのインベントリのアラートに使用したり、友達とのゲームセッションのスケジュールを立てたりするなどの使い方が可能になるようです。

すでにWindows版でリリース済みのタイトルではありますが、プレイステーション4を買えばリビングのテレビでより快適に、しかも無料でゲームがプレーできるというのは、わかりやすい販促メッセージではないでしょうか。本体の「機能見せゲーム」としての意味合いも大きく、「買ったら落とす」タイトルとして最適のように感じられました。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

    PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  2. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

    『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

  3. 『キングダムハーツIII』ソラたちを待ち受ける4ワールドの詳細情報が公開―「100エーカーの森」のキーブレードは辺り一面を蜂蜜まみれに!

    『キングダムハーツIII』ソラたちを待ち受ける4ワールドの詳細情報が公開―「100エーカーの森」のキーブレードは辺り一面を蜂蜜まみれに!

  4. 『FFXIV』最新拡張「漆黒のヴィランズ」が2019年初夏に発売! 次回アップデートでは新ジョブ「青魔道士」を実装

  5. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  6. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”ゼノ・ジーヴァ登場のクエストが11月16日より開催決定!重ね着装備「【シーカー】衣装」も入手可能

  7. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  8. PS4版『CARAVAN STORIES』の情報を解禁─★5装備が必ず1つ出現する属性別ガチャを2週に分けて開催!

  9. SIE担当者「来年のE3不参加は事実。同時期にイベントを行う予定はなし」

  10. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る